ico_gvoice

Tag: 34 発行

天をも揺るがす2010忘年会The AGOGO Night

70年代のレトロなスタイルに身を包み、バンダナやベルボトムで派手に着飾った男女がステージでフィーバー。その盛り上がりは天井も打ち破るほど…台湾大学体育館で開かれた2011年ガマニア忘年会「The AGOGO Night」の様子です。 ガマニアでは忘年会パーティーを一年で一番大切なイベントの一つとしてとらえています。ガマニアグループを挙げて社員の一年間の努力に感謝し功労をたたえる忘年会。ガマニア人はリラックスして盛り上がり、ガマニア人の遊びに対する情熱とこだわりを表現します。 これまでガマニアの忘年会ではいつもパーティーのテーマを決めてきましたが、今年も例外ではありません。2010年はガマニアにとって「戦いの年」でした。そのためガマニア福利委員会では「The AGOGO Night」を忘年会のテーマに定め、「ガマニアミリタリークラブ」をコンセプトにガマニアグループの一年戦争を終結させ、勝利の宴の用意を始めました。 ガマニアの忘年会の盛り上がりぶりは?下の写真でご覧ください! ▲まずはおなじみ「レッドカーペット」。70年代レトロチーム。 ▲ もちろんミリタリールックも。 ▲ おめかししてきたガマニア人もたくさん。そばの司会者は人気テレビ番組「大学生了没」のロリータ(右) ▲ 抽選箱を持って登場したバニーガール。 ▲ 歌とダンスで盛り上げるプレスリーに扮したガマニア人。 ▲ Albert CEO(中)も司会者につられてダンスに参加。 ▲ 研究開発部長郭炳の「お笑い」版マリリン・モンロー。 ▲ 熱狂ぶりはステージの下でも。 ▲

ガマニアの殿堂 Gamania Hall of Fame

「ガマニア剽悍勲章賞」12月の受賞:「Web恋姫†夢想」 ▲@GJP オンライン事業本部 本部長 中島秀樹(Hideki Nakajima) 「Web恋姫†夢想」は2007年にBaseSonから発売されたPCゲーム「恋姫†無双」を前身としています。群雄割拠の三国時代を舞台にすべてのキャラクターが可憐な乙女となって登場します。日本での発売後は人気作となり、アニメ、ゲーム機用ゲーム、マンガ、キャラクターグッズなど様々なジャンルに広がっていきました。2009年には「萌えゲーアワード2009」を受賞。美少女ゲームの中でもとりわけ注目されている作品です。 GJPがクイックIPを利用して開発したオンラインシミュレーションゲーム「Web恋姫†夢想」はGJPが自社で開発・運営するゲームとしては2作目となります(1作目は「キングダムサーガ」)。12月20日に日本で正式にリリースされると、わずか11日で販売額目標の237%を達成。優れた成績を収めたことから、株式会社ガマニアデジタルエンターテインメントは「ディビーナ」に続いて2度目のガマニア剽悍勲章賞を受賞しました。 「Web恋姫†夢想」は12月にすばらしい成績を収めましたが、その主な要因はGJPが十分に日本のプレイヤーを理解していたこと。何を好み、何をほしがっているかを知りつくしていたためです。そこで「乙女武将カード」でプレイヤーが好みの武将を雇えるようにしました。この仕組みで一躍大人気となりました。「乙女武将カード」の売上は12月の総売上高の96%を占めています。この勢いに乗って、GJPでは今後もさらに多くの乙女武将カード関連アイテムやグッズを開発しながら、プレイヤーにゲームを満喫していただきながらその心をとりこにしていきます! ▲ 乙女武将カードの曹操。これまでのイメージがガラリと変わる麗しさ?

マイ・ドッグ・チューリップ 自然なタッチの2Dアニメ映画

クリエイティブセンターディレクター 郭巴: 「人との愛に疲れたら犬を愛そう。冗談ですが、双方向の人同士のコミュニケーションを捨てて、(おそらく)一方向のペットとの「人生を過ごす」(暮らすの意)。しかし矛盾しているのは動物の虐待や放置が絶えないことです。チューリップも7~8匹の子犬を産みましたが、医者の手には負えず、やむなく他人に譲りました。しかし結局子犬たちは不幸な目に遭っていることを知るのです。そうした矛盾は想像がつきます。」 作品について 老人は人生の大半を友人のために費やしてきたが、ふとしたことからいたずら好きのジャーマン・シェパード「チューリップ」を引き取る。そして初めて人生で一番すてきな15年はこの雌犬が付き添ってくれたおかげだと知る。J.R Ackerleyのロングセラー小説をもとにイギリスのユーモアをアメリカの大人のアニメでシンプルに表現。感情と思考がすっきり整うとても味わいのある作品。「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」のアニメ版のようなもので、犬好きには強くおすすめ。 http://mydogtulipfilm.com/ 映画オフィシャルサイト:http://www.youtube.com/watch?v=b-CEDsZstdI

アーティスティックイリュージョン展

グループ研究開発部長郭炳: 「不朽の芸術作品の裏にある隠されたストーリーが国内初の芸術と映像の組み合わせにより生き生きとよみがえります。名画を作り上げる偉大な画家たちの心の声が聞こえ、絵の中の人物たちのおしゃべりの様子が楽しめます。さらにモナリザに話しかけたり、ゴッホの名画「夜のカフェテラス」の世界に足を踏み入れたり。名作アートや秘話に楽しく触れることはクリエイティブな経験値稼ぎに一役買ってくれることと思います。」 展示情報 ・ イベントサイト:http://www.aliveart.com.tw/・イベント期間:2011年1月15日~2011年4月17日・サービスダイヤル:0800-890688または02-2833-7075(チケットサービス)・土日祝日、夏冬休み / 観覧時間:9:00~18:00(チケット販売・入場は17:30まで/月曜不休)・土日祝日、夏冬休み / チケット販売時間:9:00~17:30・夏冬休み以外の月~金/ 観覧時間:9:00~17:00(チケット販売・入場は16:30まで)・夏冬休み以外の月~金/ チケット販売時間:9:00~16:30・サービス:レシーバー20元 / 音声ガイド100元・注意事項:窓口でのチケット購入にはクレジットカードをご利用いただけません・サイトイベントサービスメール:aliveart@art-mall.com.tw・展示場所:国立台湾科学教育館(〒111台北市士林区士商路189号)

ガマニア全体ミーティングレポート

Albert:GTWの月間売上が最高に。ガマニアベアーズがチャンピオンに。ガマニアは託児所を設立し、トレンドを確立。 今年最初のガマニア全体ミーティングは2月11日に開催。今回の「全体ミーティング」では、昨年末の「コンビニのガマニア製品撤去」事件についてアルバート・グループCEOから特別に説明がありました。またGTWの1月の売上も発表。グループの見通しのとおり、GTWの売上に影響はないどころか、これまでで最もよい業績を打ち立てました。 これまでのデジタルコンテンツはコストが上がり続けており、デジタルエンターテインメント産業全体にとって好ましくない。さらに現在の有料販路は「ルート」しか選択の余地がないわけではない。ガマニアはこれまで台湾デジタルコンテンツ産業の改革者であった。そのため無理なルートの要求に対して「コンビニルート大戦」に出陣するのは当然のことである。元のコンビニルートの無駄に高いコストが抑えられ、ガマニアの月間売上は過去最高の連結売上高5.84億台湾元を記録したとAlbertは語りました。 また、ガマニア人にとってさらにうれしいことに、ガマニアベアーズが今年(大会3年)1月21日にライバルの華義スパイダーを破って、見事チャンピオンの座を手に入れました。今回の全体ミーティングでもAlbertから特別表彰を受けました。 続いて「全体ミーティング」ではガマニアCheerUp財団のイメージキャラクター陳彦博選手が「マイナス40度の勇気」のテーマを披露。北極、南極、ヒマラヤで参加したウルトラマラソンの経験をもとに「夢を追う」ことへの考えと気持ちを語りました。その中で夢を山にたとえて、「それはいつでもそこにある。いつでも向かうことができる。」と言い、夢を持ち続けることの大切さを伝えました。 そして「全体ミーティング」最後の質疑応答ではガマニア人からの質問にAlbertが答え、グループのガマニア人に大事なことを2つ予告しました。グループでは今後「ガマニア託児所」を設立し、独自の「トレンディブランド」を持つということです。ガマニアを一番クールな企業にしたいとAlbertは言います。この2つの話を聞いたガマニア人は期待に胸をふくらませました! ▲ 一月の月間売上げを発表するAlbert。ガマニアとコンビニの販路大戦に「完全勝利」を宣言。 ▲ プロゲーム大会最高の栄誉「アイアンビースト杯」を勝ち取り、大喜びのAlbertとガマニアベアーズ。 ▲ 財団のイメージキャラクター陳彦博選手を招いた今回の全体ミーティング。

HongKong 2011新年会

Gamania-GHK Annual-Dinner 2011が円満に終了しました。今年も非常に盛り上がり、「みんなのくじ引き」だけではなく、主管たちはイメージダウンも怖れず、私たちのために歌や踊りを披露してくれ、社員一人一人とても盛り上がってこの1年の春を楽しむことができました! 開会のあいさつ Annual-Dinnerが正式に始まる前、本社から多くの高級幹部を招待して開会のあいさつをいただく幸運に恵まれました。Albertは、GHKの過去1年間のアジア地区における業績は非常に優れたものだったと述べ、会場の社員たちは大いに励まされました!つづいて、Albertと香港COOの雅菱、アメリカCOOのDavidたちが乾杯の音頭を取り、今年の新年会が正式に始まりました。 インターナショナルステージショー 「新年会の夜にインターナショナルステージショー」というGHKの今年の新年会のテーマの下、素晴らしいパフォーマンスが目白押しです!香港COO雅菱の「プッシュ」と「励まし」の下、GHK各部門の主管はイメージダウンも怖れずに心と体を売り、部下たちのために素晴らしいダンスパフォーマンスを贈ったのです。 今回のダンス音楽は、香港で大人気の「ビビビ(嗶嗶嗶)」(オリジナルは台湾の女性歌手、謝金燕が歌う『嗶嗶嗶』)と、改作した「ドゥドゥドゥ(嘟嘟嘟)」です。熱唱と熱いダンスだけではなく、男性の主管はミニスカートとキャミソールを身に着けて女装し、ダンスで「ブラジャーのストラップ」が外れたり、パンツが見えたりしながらも、18禁ギリギリまで果敢に挑戦するその姿に会場は拍手喝采となりました! Welcome!ファイアドッグ! 先ほど紹介したダンスのメンバーにはGHK各部門の主管だけではなく、最近香港ファミリーに加入した「火狗工房(Firedog Studio)」のメンバーも混ざっています。彼らはダンスパフォーマンスを終えた後、「火狗戦隊」の名で、ユーモアあふれる方法で火狗工房について簡単な紹介を行いました。将来より良い作品を市場で発表できることが期待されています。 みんなのくじ引き 主管たちの素晴らしいパフォーマンスの後は食事の時間です。今年の料理はよくある子ブタの丸焼きとハタの蒸し焼きだけではなく、さらに様々な高級食材で作られた佛跳牆もテーブルに並び、会場のガマニア人は美味しい料理を味わいました。 皆が美味しい料理を味わっているその時、誰もが大きく期待しているイベントが同時に展開されました。そうです!くじ引きです!GHKは多くのスポンサーを獲得したため、今回は合計150点の賞品が集まり、誰もが当たるハズレ無しのくじとなりました。更に二重の賞品も設けられ、社員の当たりくじの「重み」が高まっていました! くじ引きでは小さな賞品が当たらないよう社員が頭を下げて祈る姿がしばしば見られ、また究極の大賞を獲得するために歓声を上げ続け、自分の名前を大声で叫んでいました!最高金額の現金の賞が授与されると、会場の社員たちは「物足りない」のが明らかで、大声で追加を要求し、会場はパニックに陥りました。 会場のものすごい盛り上がりを見て、AlbertとDavidも万を超える現金の大賞を追加し、会場の気分は最高潮に達しました。この年の2万円大賞はMarcoが獲得しましたが、もちろん「賞を受取る前に一杯」の運命は避けられませんでした! エピソード この年のワインは飲み放題だったため、皆は大いに飲んでいましたが、多くの社員が酒に勝てず、次々と倒れていきました。もちろんその場面もGHKに撮られています…(ニヤリ) 円満に終了 全ての賞品が配られると、最後にGHKの社員も非常に努力し、新年会の翌日を「元気を取り戻すための半日休暇」とすることをAlbertに申請しました。GHKの社員たち皆の「努力」のコールの結果はもちろん「申請成功」です!これで今年のGHK Annual-Dinner 2011は円満に終了しました。そして気持ちを落ち着かせ、これからの戦いに備えるのです! 香港と台湾で大人気の「嗶嗶嗶」広東語版

Taiwan 《ディビーナ》FF17開拓動漫祭

ガマニアの自社制作ゲーム『ディビーナ』は、日本と香港で発売されてからいずれも好成績を収めており、2010年の日本ゲーム大賞も獲得しました。広く台湾のアニメ・漫画ファン、ゲームファンに、この萌え超大作を一目見てもらうため、特に2月19日から20日まで行われた「開拓動漫祭」で皆と楽しみました。 多くのゲームファンが入場する開拓動漫祭会場では、『ディビーナ』は未開放の新しいゲーム内容を展示するだけではなく、素晴らしい賞品も用意して、アニメ・漫画ファンのテストプレイ旋風を巻き起こしていました。会場には多くの人が訪れ、また多くの興味深いエピソードも生まれました。ここに開拓動漫祭会場の舞台裏の写真を載せて、会場に来ることができなかったゲームファンの皆さんと一緒にその様子を探ってみましょう。 行列で会場の中でひときわ目立つ『ディビーナ』のブース。 ▲ テストプレイ参加者には台湾ガマニアが特に用意した素敵なプレゼントを贈呈。 ▲ イベント開始!!『ディビーナ』ブースはすぐに多くのゲームファンが並んでいました。 ▲ ジャーン!彼がテストプレイのプレゼントを最初に獲得したゲームファンです。 ▲ ジャーン!彼がテストプレイのプレゼントを最初に獲得したゲームファンです。 ▲ 賞品とテストプレイのために、会場では体育館の外まで行列が。>< ▲ 会場では8台のパソコンでテストプレイを行っていました。皆忍耐強く並び、真剣に『ディビーナ』を体験していました! 会場で配布された『ディビーナ』製品パックには、CBゲームスタートシリアルナンバーとバーチャルアイテムシリアルナンバーが付属しており、ゲームファンは会場から帰宅しても、『ディビーナ』を思い切り楽しめます。 最後、イベントは好調のうちにその幕を閉じました。支持してくれた全てのゲームファンに感謝します。 「開拓動漫祭」について: :http://www.f-2.com.tw/index.php?page_id=2

U.S. アメリカ上陸した《ルーセントハート(Lucent Heart)》がクローズドテストを展開

ガマニア自社製作ゲーム『ルーセントハート(Lucent Heart)』が今年2月、アメリカで2度目のCCBを行い、1,200件のアカウントを開放しました。また、バレンタイン・デーと合わせて「Prepare for Love Beta」を行い、テストプレイに参加したゲームファンたちは皆「キューピッドの鍵」を持って、その他のプレイヤーとペアで一緒にステージクリアに挑戦しました。数々のステージをクリアして最後に成功したペアにはガマニアからゴージャスな礼服が贈られ、『ルーセント・ハート(Lucent Heart)』の世界で、盛大な結婚パーティーが行われました。 今回のCCBの素晴らしい画面をご覧ください。 ▲ ペアになったプレイヤーは、ガマニアが特別に用意したブライダル用馬車で結婚パーティー会場に到着 ▲ クエストを達成したプレイヤーは、ガマニアが作成した美しい礼服を着て結婚します! ▲ ブライダルパーティーではテストプレイに参加した他のプレイヤーたちも招待して一緒に踊りながら楽しみました。 Prepare for Love Beta Video 最後に今回のPrepare for Love Betaブライダルパーティーについて、新婦Tsukiの感想をどうぞ。 Tsuki– It was

UI、その関わりとは?

高度情報化の新たなモバイル時代において、人々は情報の利便性を追求するだけでなく、そのニーズはますます高まっています。例えばスマートフォンを利用してどこでもアプリをダウンロードしたり、面白い出来事を撮影してはFacebookで友達と共有し合ったりしています。どんなデバイス(device)でハイテクのもたらす便利さや情報の恩恵にあずかるにしろ、それはすべてUIを通して実現することなのです。 UI(User Interface)とは? UIは我々の生活にあふれています。人と物、人と人のやり取りをつなぐものであればそれはUIです。イラストやマーク、音声やジェスチャーなどが含まれます。例えば運転中に赤信号だと止まります。バスでカードを使うとカード機が音声で反応して、感知の状態や残高の有無を知らせてくれます。 ▲UIは我々の生活にあふれている! UIデザインの重要性とは? 普段の生活で目にする日用品の多くに優れた直感式のUIデザインが採用されています。使い方を覚えなくても自然に使えるようにできています。例えばハサミの持つ部分は大小二つの輪になっています。それで小さい方には指を一本、大きい方には残りの指を入れるということがわかって、ハサミをうまく使えるようにしています。 ハイテクの進歩によって5年後、10年後には情報がどれほど複雑になるか想像もつきません。情報を得るのにデバイスは必要なくなるかもしれません。例えば指で窓に触れるだけで現在の気温と降水確率が窓に表示されるとか。生活に密着した情報は今後ますます増えていくでしょう。あらゆることが生活に結びつき、ユーザーはハサミと同じようにUIを楽に使いこなせる未来がやってくるはずです。UIとは有用性(Usability)と相互性(Interaction)でもあり、情報をすばやく手に入れ理解するための重要なカギを握ります。 ▲東京に次いで世界2位の使用率を誇るモスクワの地下鉄システム。上は改善前の路線図。地上の路線まで複雑に入り組んで、見ていると目が回りそう! ロシアのデザイン会社Art. Lebedev Studioによる新しいデザインの「モスクワ地下鉄路線図」 1.  路線はすべて直線デザインに。 2.  環状線とカーブは滑らかにしてソフトなビジュアルに。 3. 不規則な環状線は円形にしてよりシンプルに。 4.  図には区別しやすいように罫線を入れ、縦と横のマスにはそれぞれ番号を振って駅の位置の把握が便利に。 改善後の地下鉄路線図はずいぶん人に優しくなっていませんか? ▲信号には残り秒数の表示のほか、音声機能も追加され、視覚障害者の歩行も便利に。 ▲ICカードの感知機。感知の状態や残高の有無を音声で! 景観の美化のため、バス停のポールを減らして路線図の見づらさを改善。台北市公共運輸処と聯営バス管理委員会が共同で新しいバス標識をデザイン。 従来のバス標識 バス路線図には線や文字がびっしり書き込まれている上、高い位置にあって視力の弱い人や身長の低い子供には見えにくいものでした。また1枚の標識には最大3つのバス路線しかなく、バス停に多くの路線のバスが止まる場合は上図のように従来の標識ではあちこちに分かれて不便な上、道路の空間を狭くするものでした。

息の長い架空のキャラクター バービーを知ればわかる!

命のないビニールのおもちゃにすぎないバービー人形は10億体も売れただけでなく、半世紀以上もいき続けています!ある時は客室乗務員、ある時は医者、またある時はロックシンガー。常に時代の最先端を歩いてきました。衣装もその都度新しくし、ボーイフレンドのケンとは別れたりひっついたり。2人の恋の行方にはいつもやきもきさせられます。その「人生」の出来事は持ち主より何十倍も色鮮やかなものでしょう。それはすべて製造元のMattelが商品にまつわるストーリーを語ることで創り出した価値なのです。 Mattelは商品に命を吹き込むだけではなく、マーケティングの手法も時代に合わせています。 2004年のバレンタインデーにバービーはなんと43年も付き合ってきたケンとの別れを宣言。オーストラリアのサーファーBlaineがバービーのハートを射止めました。そして今年、ケンはついに沈黙を破ってバービーとやり直すために、インターネットで「みんなの力で彼女の心を取り戻そう-Should Barbie take Kenny back?」というイベントを行いました。 このイベントではネットで投票や書き込みをするほか、人気サイトを大量に動員。Facebook、Twitter、Foursqure、YouTubeが一堂に会し、ケンを後押ししました。 イベントのメインページのデザインはとてもシンプルで、投票システムと投票結果の表示となっています。投票はYesとNoの二択。賛成が多ければメーターが最高レベルの「ケンこそキミのソウルメイト」に近づきます。反対の場合は最悪の「考えるだけ無駄」のどん底へと向かいます。 ▲http://barbieandken.com/ ▲投票結果の表示 http://barbieandken.com/ ケンのツイッターには製造元マテルのキャンペーンや製品情報は書き込まれません。ケンのバービーへの思いや愛の告白です。またみんなにバービーのツイッターにコメントしてもらったり、大ファンのLAレイカーズの試合やエスクァイア誌最新号についてコメントしたりしています。 またケンはアメリカのソーシャルサイトMatch.comに登録して、自分の趣味や興味、パートナー探しのデータを書き込んでいます。もちろんMatch.comのマッチング結果にはバービーも入っています。 ▲ケンのフェイスブックにはたくさんの書き込みが http://www.facebook.com/OfficialKen#!/OfficialKen?v=wall そして位置情報サービスのFoursquareでは、ケンとバービーが現実世界のあちこちでチェックインして、現在地の情報を発信しています。例えば、ケンはニューヨークのメトロポリタン美術館からチェックインして「バービーは不滅のアート作品を何時間でも見ていられる。ボクならバービーを何時間でも見ていられる。」とコメントしています。 ▲Huluで放送のリアリティー番組 マテルではネットでのバーチャルなイメージ作りのほか、現実世界でも消費者とのコミュニケーションに取り組んでいます。ニューヨークの街角でケンそっくりの男性モデルを使ってケンの様々なキャラクターを演じさせ、マンハッタンで行われたファッションパーティーに参加。そのほかHulu.comではリアリティー番組を放送。Genuine Kenとしてどこにでもいそうな普通の8人を集めました。番組の中では料理やサーフィン、独身アパートのインテリアなどの腕前を披露してもらい、「全米一のボーイフレンド」の称号を争いました。 http://www.hulu.com/genuine-ken-the-search-for-the-great-american-boyfriend 簡単でわかりやすいイベントのメインページからフェイスブック、ツイッターでの告白、ケニーやバービーの足跡をたどるFoursquare、友達と出会えるMatch.com、リアル版ケンのファッションパーティー、そしてベストボーイフレンドを選ぶリアリティー番組まで、すべてがビニール人形の販促のためだとは想像もできません。しかしだからこそ誰もがケンやバービーが命のないおもちゃであることを忘れて、肉体を持った人間として扱い、ウォールやツイッターにも熱心に書き込むのです。 動かないおもちゃが永遠に20歳のままで、動き、音声、映像を組み合わせたオンラインゲームがあれば、もっと簡単に消費者の心に響くイメージを作れるのではないでしょうか?バービーを見ればその答えが見つかるかもしれません! ——– 筆者について

Present your Ideas キーコンセプトを示すには

このブログは 去年から始めましたが キーコンセプトについて キーコンセプトの重要性について キーコンセプトをどう生み出すかについて取り上げました シナリオの製作について語る前に みなさんと 「キーコンセプトを示すには」について考えたいと思います みなさんはほとんどがゲームの製作や管理に携わっています 自分のアイデアをチームに、お客様に、上司にわかってもらうことがプレゼンです プレゼンでは自分の伝えたいことをみんなにわかってもらわねばなりません プレゼンの目的はみんなにもっと認めてもらうことです プレゼンにはたくさんの方法があります 今日みなさんにお届けするのは JWTがクリエイティブインサイトのトレーニングで一番よく使う教材で 多くの広告プランナーやディレクターが勧める方法 「ポストカード説明法」です ポストカードプレゼンは 宣伝のコンセプト、映像のコンセプト、広告のコンセプトを説明するのに適しています ではポストカードプレゼンとは何でしょうか? 普通の絵はがきには画像、受取人、差出人、差出人の言葉があります ですからポストカードプレゼンとは、 画像:キーコンセプトのカギとなるビジュアル 受取人:消費者 差出人:製品

Jaime Hayón X丸若屋の東西をつなぐコラボレーション

「丸若屋」がJaime Hayónという人気デザイナーにコラボレーションを持ちかけなかったら、今でも「丸若屋」の三文字を目にすることはなかったでしょう。まして「上出長右衛門窯」という130年の歴史を持つ窯元が誇る匠の精神と食器の文化など知る由もなかったはず。つまり「スター効果」、「コラボレーション」という2つのキーワードは今も十分に通用するということ!特に、これによって「マスコミ報道」に取り上げられることに加えて新しい製品の火種をともすことができれば、それは絶好の投資となります! このコラボの物語は2009年のTokyo Design Weekにさかのぼります。「丸若屋」の丸若裕俊社長はデザイン週間にスペインの工業デザイナーJaime Hayónと出会いました。Hayónの名声は言うまでもありません。工業デザインのジャンルではPhilippe StarckやKarim Rashidなどの巨匠と肩を並べるデザイン界の風雲児でした。では「丸若屋」とは?2007年創立の「日本の伝統の行方」に取り組むクリエイティブデザイングループです。 Hayónのデザインと日本伝統の焼窯技術を組み合わせた作品を作りたかったと丸若屋の社長は言います。そこでHayónに「上出長右衛門窯」のために「東西のクロスインスピレーション」をテーマにした和食器のデザインを頼みました。Hayónはもともと常識にとらわれない型破りなデザイナーで、これまでに幅広い作品を手がけてきました。インテリア家具、バス用品、スポーツシューズ、キャラクターグッズなど、ライフスタイルに関わる品物には高い関心を寄せていました。さらにこれが日本の伝統工芸との初めてのコラボで、食器を共同で作るということから、このコラボプロジェクトへの参加を快諾しました 続いてHayónは積極的に日本の伝統文化を調べ上げました。食器の模様の意味、日本の食習慣から生活の細部にいたるまで研究を重ね、自ら浅草で懐石料理を味わい、それぞれの食器同士の深い関係の理解に努めました。 こうした考察の後、Hayónは自分のデザインスタイルと細かな伝統焼窯の融合に着手しました。双方による1年間の試行錯誤の末、2010年のTokyo Design Weekで東西のコラボ作品が展示公開されたのです。 これらの食器や茶道具からもHayónのオリジナリティはうかがえます。現代的な曲線、シンプルな外形、あふれ出るメルヘンチックなユーモア。それでいて「上出長右衛門窯」の匠の精神は少しも失われることがありません。食器には繊細な工芸と和の心が満ちているのです。 Jaime Hayón X丸若屋のコラボレーションは成功を収めました。伝統には新たなデザインが吹き込まれ、デザイナーは奥深い文化の底力とすばらしい素材を手に入れました。さらにこのコラボによってよい製品、よい物語が生まれ、伝統工芸の保護の重要性が人々に伝わりました。また世界に「丸若屋」と「上出長右衛門窯」という2つのブランドの名を広めることとなりました。 丸若屋:maru-waka.com/ 上出長右衛門窯:www.choemon.com/ ▲スペインデザイン界の鬼才Jaime Hayón。 ▲Jaime Hayón X丸若屋が「上出長右衛門窯」に新たなインスピレーションを。