ico_gvoice

ガマフィーチャー

ガマニア人新生活を実践 多元化された空間を共同で創り出す

ガマニア人新生活を実践 多元化された空間を共同で創り出す

仕事は生活の一部分であり、すでに新しい生活観念と雰囲気が徐々に生まれて変化を始めつつあり、空間の中ではガマニア人の多元的な仕事文化が確かなものとなっています。各ユニットは個々に例えばブランディングセンターや人間工学デザインスタジオCiircoといった巧みな構想を持っています。様々な仕事のパターンに対応するために、相応の空間モジュールを派生し、さらには新しい形態のオフィス空間を生み出します。 ▲ブランディングセンターのidea kitchen

more
新生活運動 ガマニアンのルールを知っておこう

新生活運動 ガマニアンのルールを知っておこう

新空間の進化によって、ガマニアンが新しいページを開きました。そして、人と空間の交流で、新たな文化も誕生しました。どうやって想像力及びクリエイティビティを高めると同時に、新生活のルールや自治精神を身に付けることができるのでしょうか。ブランド戦略部が考案したIP「正筋闘士」が明るく生き生きとする言葉で、新ガマニアンの態度を表しました。一緒にクリエイティビティもセンスもあるガマニアンになりましょう。 《会議でのマナーとルール》ドアを静かに閉めましょう 騒ぐのはやめましょう 《エアコンの温度調節ルール》温度を低くするのはやめましょう

more
未来の新定義:空間の集成.エコシステムの構築

未来の新定義:空間の集成.エコシステムの構築

ガマニアグループがハイテクな内湖テクノロジーパーグに移転してきて以来、内湖テクノロジーパーグのスタートアップのスポットになりました。我々がその空間を「匯空間(空間の集成)」を呼び、そして、ここから、企業のエコシステムの構築をサポートしていくのです。この空間を基地として、更なる多くのコラポチャンスを作り(open up)、スタートアップの多角化な可能性を探っていきます。 Open

more
空間のコードを解析し、隠されたディテール

空間のコードを解析し、隠されたディテール

ガマニアンが日々新総本部で行き交い、新空間に隠されたディテールを気づいていませんか。新たな空間イメージは各部門及び公共空間の特性を現しています。そして、ガマニアがスタートアップの新世代を迎えるWorking Styleを伝えています。空間の設計、会議室の命名といった大きな項目から家具の設置、標示ボードなどの小項目は過去と違う新定義が付けられたのです。 新空間が無限な発想を生み出す

more
視野を開き、心を開く

視野を開き、心を開く

ガマニアにとって 2016年はモバイルペイメントの1年目になり、偉大なる移転の年にもなります。CEOのアルバートが述べた「今年はガマニアに対し、非常に重要な一年になります。ガマニアペイメントがスタートしましたし、二段階目のテスト運営では、企業参加及びサービスの拡大を目指し行きたいと思います。また、イノベーションのサービスを出しつつ、我々がテクノロジーへの情熱や活気を内湖テクノロジーパークへ注入し、近隣の企業とのコラポチャンスを求め、各界の資源を連携し、一緒に台湾のネットテクノロジー産業に努力して行きましょう。」 移転の年 ガマニアが歴史の新しいページを書き直す

more
PREV NEXT
September 30, 2016

ガマニア人新生活を実践 多元化された空間を共同で創り出す

仕事は生活の一部分であり、すでに新しい生活観念と雰囲気が徐々に生まれて変化を始めつつあり、空間の中ではガマニア人の多元的な仕事文化が確かなものとなっています。各ユニットは個々に例えばブランディングセンターや人間工学デザインスタジオCiircoといった巧みな構想を持っています。様々な仕事のパターンに対応するために、相応の空間モジュールを派生し、さらには新しい形態のオフィス空間を生み出します。 ▲ブランディングセンターのidea kitchen 1Fにあるブランディングセンターは、各所に驚きと喜び満点のハイライトが満載で、中央通路にあるピクニックソファーエリアは、スタッフたちに即席のディスカッション空間を与えてくれます。そして文学的な雰囲気に満ちあふれたidea kitchenに身を置けば、まじめに仕事をするだけでなく、リラックスするための調整もでき、さらには想像力と創造力をかき立てることができるのです。お客様をお迎えすると同時に、ガマニアのクリエイティブ空間についてハッとするような印象を与えることでしょう! Ciircoはまず休憩の空間と仕事の空間を融合させる方法を実践しました。COOのMichelleはスタッフたちの効率をアップさせることができる仕事のパターンを共有し、「ポモドーロ・テクニック」の概念を例にあげて言いました。注1:「1つのポモドーロを25分に設定し、この25分間は1つのことだけに集中して、他の事に気を散らすことなく、完了後は5分間休憩する。これを4回繰り返します。」Michelleが強調したのは、ポイントは5分間の休憩時間にあるということです。休憩空間には集落方式の分布によりデスクから遠くない場所でリラックスした雰囲気を創り出し、5分という時間を有効利用して仕事から隔離して、休憩の効果を得て効率をアップさせるのです。 高度な融通性の応用、空間の柔軟性を留める。 人間工学の開発、研究からデザイン、運用までの一連の生産ラインにおいて、プログラミング担当には高度に集中すること、営業担当には絶えることのない会話とコミュニケーション、そしてデザイン担当には環境を介して互いにインスピレーションをかき立てあうことが必要です。三者の仕事の方法は非常に違いが大きいため、環境において柔軟性を造り出すことが求められました。そのためMichelleはオフィスに「Flexible」というキーワードを与えました。それはすなわち将来空間が柔軟性と融通性を留めているようにすることで、スタッフたちがコミュニケーションをしながらも互いに干渉しないようにし、さらに共同のイベント空間で交流できるようにすることでもあります。 ▲ Ciirco による休憩とミーティングが結合されたフレキシブルな空間 人の行為を育てるのは空間ですが、人は環境を育てることができます。すでに新しい仕事文化が蔓延し始めており、異なる性質のものを併せ持つ「新たな生態」を派生しつつあります。将来ガマニア人は時代の変化に対応し、共創共生し、エネルギーを集中させて、すべてのエコロジカルネットワークの新たな未来を切り開きます! 注1:ポモドーロ・テクニック(Pomodoro Technique)は、1980年代にFrancesco Cirilloにより考案された。

VOL. 75 ガマフィーチャー
September 29, 2016

新生活運動 ガマニアンのルールを知っておこう

新空間の進化によって、ガマニアンが新しいページを開きました。そして、人と空間の交流で、新たな文化も誕生しました。どうやって想像力及びクリエイティビティを高めると同時に、新生活のルールや自治精神を身に付けることができるのでしょうか。ブランド戦略部が考案したIP「正筋闘士」が明るく生き生きとする言葉で、新ガマニアンの態度を表しました。一緒にクリエイティビティもセンスもあるガマニアンになりましょう。 《会議でのマナーとルール》ドアを静かに閉めましょう 騒ぐのはやめましょう 《エアコンの温度調節ルール》温度を低くするのはやめましょう 《本、新聞紙の利用ルール》本の中から自然に黄金の家が飛び出すが本を返してください 《トイレ清掃ルール》急いでも狙いましょう 《情報管理ルール》情報漏れないようにPCの電源を切りましょう 《IDカードルール》ブランド品を着なくてもIDカードを付けましょう 《服装ルール》私服は良いが妥当にしましょう 《タバコルール》吸殻を路上に捨てないようにしましょう 《ガマアイランド清潔ルール》一緒にレストランの掃除をしましょう 《地球を愛するエゴルール》仕事中にうろうろせず、階段を多く利用しましょう

VOL. 75 ガマフィーチャー
September 29, 2016

未来の新定義:空間の集成.エコシステムの構築

ガマニアグループがハイテクな内湖テクノロジーパーグに移転してきて以来、内湖テクノロジーパーグのスタートアップのスポットになりました。我々がその空間を「匯空間(空間の集成)」を呼び、そして、ここから、企業のエコシステムの構築をサポートしていくのです。この空間を基地として、更なる多くのコラポチャンスを作り(open up)、スタートアップの多角化な可能性を探っていきます。 Open & Limitlessの空間デザインによって、新ガマニアンの仕事モードがオープンし、制限なしで、社外のエリートと意見交換し、交流します。また、規模を問わず、エコシステムが共生共存し、新世代エコシステムが活発なメカニズムで構築していきます。     エネルギーを集め、変える力へ ガマニアがテクノロジ、人文科学を融合し、動線の良い空間、フレキシブルな仕事モードを加えたことで、ガマニアに栄養を与えつつ、より多くのエネルギー及びクリエイティビティを生み出します。将来が社内、社外でも活気があるハブになることを願い、、生活に多くの楽しみを作って行き、斬新な力を集めて出発しましょう。ワクワクし、楽しみにしていますね! ソース: https://goo.gl/ojuPiJhttps://goo.gl/Pu0386

VOL. 75 ガマフィーチャー
September 29, 2016

空間のコードを解析し、隠されたディテール

ガマニアンが日々新総本部で行き交い、新空間に隠されたディテールを気づいていませんか。新たな空間イメージは各部門及び公共空間の特性を現しています。そして、ガマニアがスタートアップの新世代を迎えるWorking Styleを伝えています。空間の設計、会議室の命名といった大きな項目から家具の設置、標示ボードなどの小項目は過去と違う新定義が付けられたのです。 新空間が無限な発想を生み出す 総本部空間は材質のままを使用し、丈夫な特性をキープすることによって設定されました。時間の流れでファッションでなくならないのです。エントランスに入り、流線形のカウンタ、壁一面のVideo Wallがあり、理性的なラインが溢れる空間に未来感のあるコードが隠され、白い有機の形で、ガマニアの始点を象徴し、建物の中核とリンクし、貫くのです。 ▲白いカウンタは有機の形で、ガマニアの始点を象徴します。 オフィスエリアに入り、会議室及び公共空間が位置によって、公園コーナー、横丁コーナー、中区、ガマニア大通りに命名されたことに気付くのです。周辺の景色と融合させ、一目了然です。また、人間としての思考を加え、大きい口庭の英語名Garden CourtからThe Voiceに変更しました。大きい口庭の中国語意味ではガマニアンがここで自分をアピールし、勇気を持って伝えることを期待することですが、The Voiceに変更したことが更にこの空間の意義とピッタリし、時と共にガマニアの空間コードが新トレンドを注入し、人と空間を繋いでいきます。ここで、エコシステムが完備された空間で、強くアピールするガマニアンの姿が見れます。 ▲公園に近い会議室は公園コーナーを命名。 ▲横丁コーナーを命名した会議室の窓から人が通る姿が見える。 ▲中央大通りは会議、休憩、展示などの機能を揃っている。

VOL. 75 ガマフィーチャー
June 30, 2016

視野を開き、心を開く

ガマニアにとって 2016年はモバイルペイメントの1年目になり、偉大なる移転の年にもなります。CEOのアルバートが述べた「今年はガマニアに対し、非常に重要な一年になります。ガマニアペイメントがスタートしましたし、二段階目のテスト運営では、企業参加及びサービスの拡大を目指し行きたいと思います。また、イノベーションのサービスを出しつつ、我々がテクノロジーへの情熱や活気を内湖テクノロジーパークへ注入し、近隣の企業とのコラポチャンスを求め、各界の資源を連携し、一緒に台湾のネットテクノロジー産業に努力して行きましょう。」 移転の年 ガマニアが歴史の新しいページを書き直す 総本部に移転した歴史の意義:社内では子会社の相乗効果を上げ、メリットを創り出すことができます。社外では戦略的な拠点によって、同業者が集まる内湖テクノロジーパークで、業界と情報共有し、お互いの影響力を高め、ガマニアに将来の展望を作って行くことができます。 視野を開き、心を開く 新ビルに入りますと、ガマニアンはワクワクします。【前進!新ガマニア総本部】の引っ越しイベントで、ガマニアンが改めて心を開きました。各コーナーでパートナーと出会うチャンスが増え、想像力を刺激し、思考に制限されません。心の広さによって、多角化の事業体の展開に役に立ち、将来の展望へ向け更に期待できるだろう。 ソース: https://goo.gl/SkZC9Ohttps://goo.gl/IhbBhUNew vision, new mindset.

VOL. 74 ガマフィーチャー
June 30, 2016

空間の変化でガマニアンのワークスタイルが進化

グループが移転するにつれて、ガマニアンの新視点を増やせ、グループ傘下にある子会社との緊密な交流やコラポも起動しました。グループが壮大になりながら、新しい空間も進化しつつ、よりテクノロジ感を持つモダンなオフィスデザインと共に、レベルアップのワークスタイルに変革しました。そして、グループが前世代から正式的にインダストリー4.0の新世代に入り、内から外への進化によって、人と空間と一つになり、トランスフォーマーのように、無敵で斬新な戦闘力を発揮していきます。 理念の一つ:心安らかに暮らし、仕事に勤しむ。 ガマアイランド2.0の正式的なオープンや間もなく竣工する独立したジムはガマニアンのお仕事と生活のバランスを取ることをサポートします。また、政府がローカル企業への支援や協力では、カマニアンの家庭生活を支えるガマガーデンや便利Ubikeストップの設置によって、社員に心安らかに暮らし仕事に勤しむという約束を実現します。 精神の一つ:イノベーションと突破 新たな空間運用がグループ内子会社のメリットであり、多角化の産業に触れることができます。更に、提供するデジタルサービスも新バージョンにアップデートしました。それで、無論ガマアイランドの運営であり、スマートになった会議室であり、一階ロビーにある「ブランド博物館」であり、各階に開放した討論エリアであり、更に皆のアイデアを刺激していき、ガマニアンが一生懸命に研究開発に専念した後、豊かな成果を更に楽しめるようになりました。 態度の一つ:仕事を楽しむ ガマニアンにとって、遊びと仕事は分けられない存在であります。新しい空間がこのような雰囲気を極大化し、違うコーナーによってガマニアンの生まれつきの遊び心やユーモアなアイデアを引き出します。ガマニアン専属のワークスタイルでお仕事の効率をアップさせ、楽しさも達成感もレベルアップさせます。 ▲新しい空間の使用によって、ガマニアンが多く成果を上げることに期待

VOL. 74 ガマフィーチャー
June 30, 2016

鑑往知来の精神、二十年の実績をを積み重ね

内湖にある新ガマニア総本部はグループの最新の拠点となります。21年間に積み重ねた光栄になる実績を違う視点で観察すれば、歴史的にかけがえのない存在であることは改めて分かりました。我々が経験を生かして、素晴らしい思い出を残しています。各段階の思い出はガマニアの栄光を表すだけでなく、誇りでもありました。今後、我々を導いて新たな企業ビジョンを描いていきます。 歴史の跡を従い、ビジョンを描く 新ガマニア総本部ビルに展示コーナーを新設することになりました。--ブランド博物館にガマニアの21年間の貴重な資産を保存し、困難を乗り越えた光栄な瞬間を記録に残しました。 博物館の新設は企業精神、文化や歴史を重視しているガマニアにとって最高の目標であります。その中、企業ブランドの軌跡、中央サーバーで使われた初代サーバー、ベテランガマニアンが取った栄光の賞やトロフィーを有し、またファッション界に進出する限定商品、創業20周年の記念商品なども設置しています。貴重なブランド資産によって、温故知新、鑑往知来の精神を持たせるのです。 ▲ガマニアロゴの中核価値 ▲2009年にガマニアが 受賞した優良ブランドのトロフィー 感度の瞬間はまるで自分が体験したよう。 ブランド資産は企業精神の中核となり、ブランドの価値を強調するのです。ガマニアは様々な困難があっても、前に進みながら、決して偉大なる実績を忘れません。 クラシックなスタンドアローンゲームから、純粋な遊び心を蘇らせたこと、ネット進化のオンラインゲーム時代に突入し、君と一緒に出した成果、また、今までに新世代のモバイル生活を創り出し、デジタル生活への想像を豊かにしたことで、ブランド博物館は大衆に新たな体験を提供し、過去を顧みることや今をキープすることだけでなく、更に未来のネット世界を予想することができます。 ▲ガマニアが自作したクラシックゲームや絶版商品 ▲リネージュ商品、ユーザーの思い出を呼び戻す

VOL. 74 ガマフィーチャー
June 30, 2016

乗り越えつつ前進、ガマニアの空間歴史

2016年はガマニアの移転の年となります。今までの規模に達しましたが、この道は決して簡単ではない道でした。困難を乗り越え、今の輝きに辿り着いたのです。歴史的に、一つの国では指標とする戦略的な意義がありますが、ガマニアにとって拠点を中和から内湖に移転する意義は持続可能な運営の新方向性を改めて宣言する意義であります。テクノロジーエリートが集まる内湖テクノロジーパーグに移転することによって、お互いにチャンスを生み出します。また、ガマニアが壮大になり、企業総本部が進化していくこと共に、スタートアップの時代を迎え、ガマニアンのオフィス空間も2.0バージョンに進化することにしました。 ガマニアの創業基盤は1990年からでした。最初は4人しかいない学生のスタジオー富進ソフトスタジオをスタートし、1993年に大好評になった商品戦国策及び魔物侵入を発売しました。1995年に、積み重ねた努力で15人の会社富峰群インフォメーションテクノロジーに成長し、徐々にゲーム日食で知名度をあげました。その後1999年、富峰群の自作ゲームコンビニエンスストアが大ヒットになり、富峰群からガマニアに会社名を変更しました。 ▲富峰群インフォメーションテクノロジーが中和区宜安路時期のオフィス風景 翌年、ガマニアが中和区宜安路から最も長い拠点にした中和区中正路総本部に移転しました。一フロアだけの空間から事業体を開拓し、2000年にユーザーにより良いオンライン経験を提供するため、サーバー、コールセンター、営業部、社員募集などに力を入れ、CIを導入し、ガマニアこそあるおしゃれなオフィス空間を完成し、台湾知名なロックバンドスティッキーライスのPVにも露出しました。 ▲ガマニアビルがスティッキーライスのPVにが露出した ▲歴史のある思い出がいっぱい-中和区中正路にあるガマニア総本部 時の流れ、幸福な企業の空間造り 時が流れ、各段階での空間が進化しつつあります。ガマニアはデジタルエンタテイメントを提供するだけでなく、人間の生活を重視し、全面的なネット生活を創り出します。また、一生懸命に業務を開拓すると同時に、社員の生活に関心を寄せ、更に完備した思いやりのある福祉を考え、斬新な社員の癒し空間ガマアイランドを作りました。  ▲2011年にバージョン1.5のガマアイランドが完成した写真 21歳になった今年、ガマニアの総本部が誕生しました。自由に空間の変化ができ、オフィス、文化の空間である博物館、SPACE17、レベルアップのガマアイランド、休み空間のエンタテイメント室、プロなジムなど、多様化に使える空間によって、総本部に運営と生活が融合した生態圏を作り上げました。今後、内湖の総本部で、ガマニアンの想像力をアップさせ、無限な可能性を作っていきます。あなたはビルに各コーナーでガマニアンが仕事に集中している姿、コミュニケーションを取っている笑顔、考えている開放感、努力している元気さを感じられます。我々の心も新たな空間と共に進化し、新ガマニア総本部へ前進しよう! ▲ガマニアが各段階での空間進化 ソース:https://goo.gl/y2gEIS

VOL. 74 ガマフィーチャー
March 31, 2016

Open & Limitless 空間の新たな構図を分析

新たなグループ本部は視界の開けた内湖サイエンスパークに。ガマニアのエコロジカル空間2.0進化版は、新しい概念の空間を有し、その空間のコアとなる概念はOpen & Limitlessです。Openとは開放した状態で空間の境界線を排除し、Limitlessとは無限の概念です(ガマニア無限)。オフィスの巧みな構想はすべてガマニア人に限界を開け放ち、オリジナリティーで大胆に遊んで欲しいと願い、そしてガマニア人たちがよりOpen mindedになり、凝集力をアップさせることを希望したものでもあります。 コア概念Open & Limitlessをオフィス空間の設計の中に溶け込ませると、各部がすべて期待に値し、そして無数の新たなハイライトを育て上げました。次はG!VOICEと一緒に新しい構造のガマニアに入ってみましょう、Go Ahead! O1. 人々への開放 グループ本部の中に入ると、まず目に入るのが1階のホール。ここはガマニア内部の者を迎えるだけでなく、外部の方も歓迎します。左側がガマニア人の文化空間「SPACE 17展示ゾーン」と「ブランドミュージアム」、右側はレクリエーションスペース「ガマアイランド」です。旧式のコンクリートによる間仕切りを打ち破り、新しく開放的な空間で、一目ですべてが見渡せます。 O2. 考え方への開放 グッドアイデアは見逃さない!各階にある「ガマニアディスカッションルーム」は、クリアなガラスで区切られた横長の空間。互いを邪魔することなく、かえって自由度を増しており、ガマニア人たちはいつでも仲間を集め、インスピレーションの火花が燃え上がる瞬間を捉えることができます! O3. ガマニア内部への開放 オフィス空間の新しい構造のガマニアは、ガマニア人のインタラクションの距離を0にし、OAパーテーションを排除した後の空間でより大らかな風格を表現します。ガマニア内の各部門は独立して作業できるだけでなく、連携部門のアクションを随時把握することができ、互いに密接し、連携に隔たりがなくなります。 O4. コミュニケーションへの開放 ガマニア人が集中を必要とする時も、非常に静かなスペシャル空間があります。「Project Room」と「会議室」を特別に設置し、「電話ボックス」は便利に心地よく電話をかけられる柔軟な空間です。柔軟に機動するという作業要求を満たし、思考を中断させず、ガマニア人がより良好な作業リズムをつかむ手助けをします。 L1.視覚は無限 1階のホールでは視覚のLimitlessを造り出しました。ホールの入口の両側にあるアーチは誰でも開けることができます。左から順に「SPACE 17」、「ブランドミュージアム」、「ガマアイランド」スペースに通じており、無限の広々とした視界を造り出しています。 L2.思考は無限 スポーツジム、ガマアイランド、SPACE 17、ブランドミュージアムはガマニア人たちのレクリエーションとカルチャーイベントの重点エリア。Litmitlessという設計概念の下、時空を超えるマテリアルと天井をむき出しにしたデザインで、現代的な空間の広がりを構築。空間を遮る壁を極力なくして閉塞感と圧迫感を低減し、ガマニア人の感銘を完全解放します。 L3.触角は無限 各階に行くと階ごとのブランドガイドエリアがあります。シンプルな光線で視線を導き、ラインを延長させることによって2D視野を打ち破り、さらには思考を突破します。Litmitlessという概念に基づく各部の装飾は、ガマニアグループの絶えず挑戦し続け分野を越えるという多面的な触角の象徴です。 L4.連携は無限 そしてガマニア人たちのオフィス空間は新しいワークステーションの形で表現されました。設備は統一して集中管理され、ガマニア人のグループ内の作業の緊密度を大幅にアップし、いつでも面白い意見を交換できます。オフィス空間のインタラクションムードをより活発にし、より一層OPEN-MINDEDな態度を切り開き、無限の連携関係を樹立することに期待しています。

VOL. 73 ガマフィーチャー
March 31, 2016

経典を少しずつ凝集 新たな未来を迎える

互いに交流したことによってそれぞれの空間に感情が移入され、新たな未来を迎えるにあたり、ガマニア人たちが共同で創り出した足跡がより鮮明になりました。G!VOICEはガマニア人にとって思い出に満ちあふれた時間を集め、出会い、人、シーン、出来事について記憶の地図を描き、それぞれの「NO.1空間」を記録しました。これらの時間を凝集して再び共同でイノベーションの経典を創り出します。 懐かしさNO.1 クリエイティブ空間の独特な価値 現在のガマニアビルは、雨の日も風の日もガマニアと共にあり、創業から現在までの起伏を経験し、多くのベテランガマニア人の心に貴重な歴史の痕跡を残しました。時間が変化するにつれて、ある特殊な空間はすでに過去と同じではないかもしれませんが、今でも思い出は尽きません。GASHのベテランガマニア人宋時亮(aliang)はガマニア歴16年。カスタマーサービスに始まり現在は金流事業所の所長となり、ほぼすべての階で過ごしたことがあります。彼が最も思い出深いと言う18階にあったブランディングセンターのbrain stormingスペース。ブランディングディレクター陳秉良(abing)がコレクションした古い物が規則的ではない方法に並べられたそこは非常にリラックスした環境で、同僚と共に多くの非常に面白いアイデアを生み出した場所です。他にもビジターセンターを訪問。この場所はガマニアが非常にサービスを重視していることを表しており、多くのガマニアの歴史的な物が陳列されている、クライアントを連れて見に行く重要な空間です。 ▲GASH宋時亮(aliang)が最も懐かしいというブランディングセンターのbrain stormingスペースとビジターセンター 期待度NO.1 レクリエーションスペースの多様な容貌 ガマニアは変化を恐れず、果敢にイノベーションし、オリジナリティーを溶け込ませて生活に異なる楽しみを提供します。一定時間ごとの空間が変化し、空間は少しずつ変わり、どちらもガマニア人に全く異なる心境をもたらします。各部門は不定期で祝日にお祝いイベントを開催し、クリスマス、ハロウィンガマアイランドにも心をこめて準備します。空間の内容の変化と言えば、1階のガマアイランドの展示スペースSPACE17です。一定時間ごとに展示する方法により、ガマニアのホットなテーマを整理し、準備する時にはいつもガマニア人の期待の眼差しを見ることができます。 ▲SPACE17発表されるとすぐに話題に 果核(DIGICENTRE CO., Ltd)の羅偉立(ali)は言います。「我々にとって、ガマアイランドは最もリラックスできる環境であり、そしていつも新しい展示とアレンジがある。だからこそ私たちはガマアイランドでおにぎりを食べ、毎回SPACE17の内容に非常に期待していました。印象深いのは、以前基金会が展示した「地表離脱計画」。若者が飛び立つという夢を叶えるトレーニングをし、一緒に参加するものです!」彼はまた、一緒におにぎりを食べる人数が次第に増え、現在ではガマアイランドはもうすぐ一杯になってしまうと言い、新しいガマアイランドがより広いイートインスペースを有していることと、新たに追加されるSPACE17が新鮮な感覚をもたらすことに期待しているそうです! ▲DGCの羅偉立(ali)は新たなガマアイランドとpace17に期待している 面白さNO.1 生活空間の面白味発見 ガマニア人の独特な仕事精神とは、遊びと仕事が別々になっていないことです。本気で働くだけでなく、れっきとしたガマニア人であれば当然本気で遊ばなければなりません。同僚や上司の誕生日、打ち上げ、キックオフイベント、ガマニアデー等には、どこかの空間で発生した驚きと喜びが、人を一つの空間に集めて同じ人と出来事を思い出させるのです。GHQの顔淑美(Eva)は、生活の中の小さな出来事がとても面白いと言います。彼女は比較的小柄ですが、以前エレベーターで偶然身長が2メートル近い常秉祥と一緒になり、二人の身長差は「一番萌える身長差」だったそうで、今でもエレベーターで一緒になると毎回このことを思い出すそうです。彼女はまた、自身がガマニアデーのガマニアジェンガバトルに参加した時のことを話してくれました。当時会場の1階のホールは非常に盛り上がり、観客もとても多く、これはガマニアだけのイベントではなく、ビル全体のイベントであり、他の人にガマニアが非常に面白い会社だと思わせるだろうと感じたそうです。 ▲GHQの顔淑美(Eva)はエレベーターで偶然安全室の常秉祥と一緒になった 感動NO.1 ガマニア空間に文化があふれる ガマニアのオフィスは常に非常に楽しく、非常にポジティブな印象を与えますが、歩みを緩めると、家にいるよりも会社にいる時間の方が長く、ガマニア人が会社を家よりもさらに親密な空間にしていることに気がつきました。そしてそばにいる同僚は我々の最良のルームメイトであり、互いに心情と挫折を分かち合い、各部で感動を捕らえることができるのです。GTWの曽芷熙(Bonnie)はこう例えます。「以前のビジターセンターはプレイヤーを接待する場だったために自宅で言えばリビングのよう、ガマアイランドはキッチンで、ベッドルームはきっと18階でしょう!」。そして彼女を最も感動させた空間は特定の場所ではなく、ガマニア全体の各部に至るまですべてにガマニアの文化が行き渡っていることで、それぞれの場所がすべて感動です! ▲GTW曽芷熙(Bonnie) Bonnie はさらにGTWの福利厚生委員会にあたる組織「世柑情」について話しました。昨年のハロウィンに15階の会議室を映画館に改造してホラー映画を上映したり、青年デーに無理やり健康体操をさせるといったクレイジーなアイデアはすべて1301会議室で生まれ、皆が楽しく騒ぐ過程でインスピレーションが得られています。1301会議室は彼らにとって「密謀する」ための重要な場所なのです。 これらを同僚、作業仲間と共に経験した空間と時間を少しずつ積み重ねて思い出深い記憶を形成しました。皆これらの記憶を大切にしまい、しっかりと包んでガマニアグループの新本部に向かいます! 画像引用元: http://goo.gl/R0a18r

VOL. 73 ガマフィーチャー
March 31, 2016

ガマニアグループ新本部 クリエイティブ空間新たな思考

2016年のガマニアの大イベント、それはガマニアの引越しです!ガマニア人であれば誰でも「中和中正路736号」はこれ以上ないほど慣れ親しんだガマニアの所在地であることを知っています。しかし今後我々は内湖に自分だけの新たな家を持つこととなります。同じガマニア精神を受け継ぎ、新たなビルは人々に期待をさせ、さらに今後はガマニア人たちに快適な空間を提供することでしょう。 グループの大きな動作である引越しについて、CEOのAlbertはこう言います。「グループは親会社と子会社を収容できるオフィスを探し出すことが必須です。さらに一歩進めてグループ内の各事業体のリソースを統合し、子会社の様々な特徴と優位性に相乗効果を発揮させ、コミュニケーションや連携をよりタイムリーで円滑に進めるのです。20年間奮闘してきたガマニアですが、次の20年のために、ガマニアグループは遊びを愛し、遊びに挑戦するという精神を持って前進し続け、より多面的に触角を伸ばし、大型ネットワークへと姿を変え、国家レベルのフラッグシップ企業になります!」 ▲CEOのAlbertは言う。「次の20年のために、ガマニアグループは遊びを愛し、遊びに挑戦するという精神を持って前進し続け、大型ネットワークへと姿を変え、国家レベルのフラッグシップ企業になります!」 非凡なガマニア、多元的な融合、新たに生まれ変わる! ガマニアグループは国家レベルのフラッグシップネットワーク企業の姿で、多元的でクロスボーダーな新しい領域を統合し、人々に新鮮さを感じさせるだけでなく、今年はガマニアにとって新たな起点でもあり、そして夢の構図は次第に大きくなり、夢を孵化させる新たな基地の規模と形は過去とは確実に違います。環境、人間性の育成、空間、人の行為に影響し、エコロジカルネットワーク全体のガマニアグループは、発展する形の転換に応じてめまぐるしく変化するエコロジカルネットワークであり、より多くのクリエイティブなエネルギーを注入しなければなりません。ガマニアが与える空間は無限、クロスボーダーな多元化、オールラウンド、インタラクション性という4種の思考により、各個人の無限の可能性を探求します。空間を解放し、思考も解放する。ガマニアのエコロジカル空間がここに生まれる。 インタラクションは無限 ガマニアのエコロジカル空間が人と人との隔たりを取り除けば、思考が衝突する頻度が高くなり、有効的な衝突の確率も高くなります。より多くのアイデア交流のチャンスを与え、オリジナリティーの化学反応を最大化し、斬新な価値観が思考を無限にし、限界がないために、私たちは1つの平行空間だけでなく、ひいてはオールラウンドでマルチポイントに延長します。ガマニアは人と人とのインタラクションによりもたらされる価値を重視し、一つ一つのアイデアが思いもよらない驚きと喜びをもたらすのです! 画像引用元:http://goo.gl/8rWbKZ

VOL. 73 ガマフィーチャー
March 31, 2016

イノベーションに限界はない ガマニア新本部 2.0 進化版

ガマニアグループは挑戦を恐れず、他人が見ることのできなかった夢を一気に切り開きます。デジタルエンターテイメントの提供者であるだけでなく、エコロジカルネットワークライフの引導者となり、自らが新たな会社の先駆けとなることに期待しています。多元的な発展に伴い、分野を超えた様々な試みにより、破壊式に覆してイノベーションし、思考を打破するのに限界はなく、オリジナリティーを駆け巡らせる無限空間を造り出し、未だかつてない斬新な構図を展開します。 世界を手本に 新たな創造空間で火花が激しく揺れ動く 新しい形のネットワーク企業、例えば世界トップのGoogleとFacebookは個人の思考、チームでの連携、イノベーションと効率を重視して現代化された作業環境を提供し、境界を飛び越え、以前の冷淡な会議室を明るい共用空間に変えて人を空間エレメントの中に溶け込ませました。活発な空間と尽きることのない食べ物、会議中にふと漂ってくる香ばしいコーヒーの香りや小刻みな雑音がスタッフと作業スペースを完全に一つにし、一種のプラスのエネルギーを形成し、リラックスした雰囲気の中で既存の思考を打ち破り、インスピレーションの火花を燃え上がらせてチームの連携を育むのです。 ▲Google台北本部に設けられた半開放型の会議打ち合わせスペースは、オリジナリティーを燃え立たたせる手助けをする(画像引用元:Google) 今回のガマニア本部のインテリアデザインプロジェクトを担当したのは、空間デザインにおいて多くの経験を持つ李林設計。代表の李嘉嗣(Benjamin)は新興のオフィス空間のトレンドについてこう言います。「新興のオフィス空間と時代のトレンドは密接に関係しています。ネットワークと各種新技術の台頭により、我々はすでに第四次工業革命の時代に突入しており、スピードはより速くなり、変化はより大きくなり、可能性はより大きくなったと言えるでしょう。だから空間デザインも1.より大きな柔軟性、2.より多くのインタラクション空間、3.新時代の美学の3つを新興のオフィスの空間デザインに反映させる方向です。」 ▲李林室内設計代表 Benjamin Benjaminは、ガマニアは時代の先端を行くグループであり、グループの計画と構図に対応するために、ガマニアグループ新本部の空間を設計したと言います。「我々は空間デザインにおいて先程言ったトレンドを反映させたいと考えました。そのために『LIMITLESS』をメインのデザインコンセプトとし、さらには境界がなく、創意に満ち溢れ、柔軟に使用でき、人間味のあるオフィス空間を形作ったのです。 エントランスは内部と外部を貫いた自由な空間。1Fのガマアイランド、SPACE 17、応接ホールを一体化し、訪れた人は最初から境界のない設計をすぐさま感じることができます。他の階においても同じデザインコンセプトを用いており、特に各階のパブリックスペースでは集中討論エリアCore Areaの概念を導入したため、パブリックな通路とオフィスの区別がなく、ガマニアたちは心も体も制限されることがありません。さらにはブランドのエリアの概念を取り除き、グループを中心とした作業コンセプトを確立しました。 また言語デザインの特徴として、制限のない空間を創り出すために、オフィスのパブリックスペースではランダムな光の縞模様をブラックの背景やカラーと組み合わせて『LIMITLESS』の概念を延長させ、既成概念にとらわれないというメッセージを発信し、様々な思考モードで問題について考えることと創意性を追求して問題を解決することを推奨しています。」 開放と無限 空間の新たなトレンドを作り出す 人はガマニアの最も大切な資産です。ガマニア人たちに「開放・無限Open & Limitless」の環境で作業をさせ、人と空間が会話することにより、進化版の空間が最適化された効率を激しく揺り動かすのです。グループの新本部はオープンなオフィス環境で、各個人の存在を重視し、互いに信じ合い、同僚の作業状況を理解させ、たとえ全く違う個体であっても、頻繁なインタラクションによりクリエイティブのパーフェクトなバランスを得ることができるのです。この他、開放的な空間を介してソーシャルインタラクションが頻繁になり、多元的な連携の可能性を発展させることにより、作業パターンの機動性をパーフェクトに進化させ、過去の栄光の歴史を踏襲してガマニアの未来の無限の可能性を育て上げます。 引越しイベントはすでに正式にスタートしており、総務、ブランディングセンター、カンパニーマーケティングにより構成されたプロジェクトチームも、一連のパーフェクトな計画により対応。総務チームは空間デザイン、設備、オフィス環境を担当、ブランディングセンターはガマニアブランドのトーンの一致について厳しくチェック、カンパニーマーケティングは社内・社外向けの引越し宣伝イベントに配慮しました。各段階の計画において、ガマニアだけの未来の青写真を徐々に実現していかなければならず、大小のガマニアに代わり大いに本領を発揮する新本部は、過去の栄光の歴史を踏襲し、ガマニアの未来の無限の可能性を育て上げます。   ▲ガマニアのプロジェクトチームとインテリアデザインチームが激しい勢いで引越し会議を進行 Benjamin Lee 紹介- 米国HELLMUTH, OBATE & Kassabaum, Inc. インテリアデザイナー- 日本Yamamoto Kansai Inc., ファッションデザイナー- 唐盟室内設計 クリエイティブ部ディレクター- 李林室内装飾設計有限公司 創業者- CJW 創業者  

VOL. 73 ガマフィーチャー