ico_gvoice

ガマフィーチャー

イノベーションに限界はない ガマニア新本部 2.0 進化版

イノベーションに限界はない ガマニア新本部 2.0 進化版

ガマニアグループは挑戦を恐れず、他人が見ることのできなかった夢を一気に切り開きます。デジタルエンターテイメントの提供者であるだけでなく、エコロジカルネットワークライフの引導者となり、自らが新たな会社の先駆けとなることに期待しています。多元的な発展に伴い、分野を超えた様々な試みにより、破壊式に覆してイノベーションし、思考を打破するのに限界はなく、オリジナリティーを駆け巡らせる無限空間を造り出し、未だかつてない斬新な構図を展開します。 世界を手本に 新たな創造空間で火花が激しく揺れ動く 新しい形のネットワーク企業、例えば世界トップのGoogleとFacebookは個人の思考、チームでの連携、イノベーションと効率を重視して現代化された作業環境を提供し、境界を飛び越え、以前の冷淡な会議室を明るい共用空間に変えて人を空間エレメントの中に溶け込ませました。活発な空間と尽きることのない食べ物、会議中にふと漂ってくる香ばしいコーヒーの香りや小刻みな雑音がスタッフと作業スペースを完全に一つにし、一種のプラスのエネルギーを形成し、リラックスした雰囲気の中で既存の思考を打ち破り、インスピレーションの火花を燃え上がらせてチームの連携を育むのです。

more
Open & Limitless 空間の新たな構図を分析

Open & Limitless 空間の新たな構図を分析

新たなグループ本部は視界の開けた内湖サイエンスパークに。ガマニアのエコロジカル空間2.0進化版は、新しい概念の空間を有し、その空間のコアとなる概念はOpen & Limitlessです。Openとは開放した状態で空間の境界線を排除し、Limitlessとは無限の概念です(ガマニア無限)。オフィスの巧みな構想はすべてガマニア人に限界を開け放ち、オリジナリティーで大胆に遊んで欲しいと願い、そしてガマニア人たちがよりOpen

more
ガマニア20のさらなる進化、たゆまぬ成長で極限を超える

ガマニア20のさらなる進化、たゆまぬ成長で極限を超える

ガマニアネットワーク艦隊は2015年の成立後、頑なな意志により偉大なる道を歩み続けてきました。強固な本業であるゲームだけでなく、自身の限界を超えてエコロジカルネットワーク全体の企業規模を積極的に拡大し、さらに多くの熱きパートナーをガマニア大家族に加えました。対内的には、各事業体パートナー間でつながりを強化し、バラエティ豊かで多元化した可能性を創り出しました。対外的には、異業種同盟により全面的なインテグレーションサービスを提供し、消費者の即時的かつ多元的なニーズに適応して持続的に進化し、グローバル行動化という潮流の中を穏やかに航行してきました。 新たなガマニアグループ、全てにおける斬新な布石 現在ガマニアグループは、デジタルエンターテイメントからモバイルペイメント、eコマース、そしてAV新メディア、クラウドファンディング等新たな分野へと進み、デジタル生活のパイオニアブランドを目標として、国家レベルのフラッグシップネットワーク企業に向かって邁進しています。2015年8月にはNOWnewsとPetsmaoという新パートナーが加わりました。NOWnewsは中華圏で初めて選ばれたニュースメディアで、毎日バラエティ豊富な多くのニュースを提供し、独立したニュース取材編集部隊を有しています。毎日500以上に及ぶ各分野のニュースを生み出し、オンラインでリアルタイムニュースとAVニュースを提供しています。

more
時代の巨大な波と向き合う、決してあきらめないという戦う心

時代の巨大な波と向き合う、決してあきらめないという戦う心

ガマニアの血液には突破、破壊的創造を恐れぬDNAが存在し続けています。これこそがガマニアの本質であり、ガマニアが20年に渡り保ち続けてきた「決してあきらめない」戦う心なのです!ガマニアグループにとってデジタル時代の巨大な波と向き合うということは、チャンスを把握し、現状を突破して、流れが変わったその時にかつてない新しい構造を展開することです!ガマニアはゲーム産業を深耕し、現在はさらに全面的なネットワーク生活へと進出しました。グループの核心を貫く戦闘精神をよりどころとし、出撃を正確かつ周到で、威力十分なものとしました! ▲ガマニアグループの多元的な融合、全面的発展 ゲームのルールを覆し、新鮮な感覚体験を創り出す

more
無限の舞台裏インタビュー:進み続け、際限なき美しさを切り開く

無限の舞台裏インタビュー:進み続け、際限なき美しさを切り開く

20年、過去に創り出した多くの奇跡から、グループ化・グローバル化を経て、国家レベルのフラッグシップネットワーク企業への邁進。過去、現在、未来の豊かな経歴と前途とをガマニア20周年展という精髄にするには、多くのマンパワーと多くの情熱、さらに面倒な準備作業を必要としました。最も光り輝き盛大な「無限」展を皆さんにお見せするためだけに、ガマニアパートナーたちは何日もの間昼夜を問わずに心と力を尽くしました!今回のG!VOICEでは、ブランディングディレクターのAhbin Chen(Ahbin)氏、カンパニーマーケティングディレクターのIona Chen(Iona)氏にダブルインタビューし、20周年展の企画・開催の裏話をお伝えします!

more
PREV NEXT
September 1, 2015

携帯電話の安全防御ラインを張る:果核

トレンドマイクロが最近発表した「2015年第一四半期情報安全レポート」によると、モバイルデバイスの最大の脅威はスパムであると指摘されています。また、統計によると、今年3月のGoogle Playで2,000件を超えるマルウェアである可能性を含むAPPが報告されました。 ほぼ一人一台携帯電話を持つ時代に、スマートフォンは便利な生活をもたらしつつ、悪意のある人間が私たちのプライベートをのぞく媒体にもなっています。こうした悪意ある人間が頭を使ってAPPダウンロードプラットホームに入り込み、予測不可能な危険が潜む中、人々はモバイルデバイスの安全を重視せざるを得ない状況となっています。 強力なデータ保護の傘 果核の前身はガマニアグループのゲーム研究開発部門で、2013年から対外への情報サービス提供をスタート。現在は情報テクノロジー、情報セキュリティ、モバイルセキュリティの三大分野に力を注いでいます。最初に作られたモバイルセキュリティ専門デザインのappGuardは、Adroidをウイルス、個人データの流出から守り、appを悪意ある人間に書き換えられたり、犯罪ツールにされないようにします。 6,600台に達するサーバーを有する果核は、145カ国、600万人のユーザーに安全なインターネット空間を提供しています。また、年中無休でお客様に全方向のセキュリティを提供し、毎日95カ国、6万台のパソコンによる、600万回の攻撃を防いでおり、インターネット産業の安全を守る最良のパートナーとなっています。

VOL. 71 ガマフィーチャー
September 1, 2015

ブランドのインターネットSNS力を生み出す:蟻力

SNS時代、ブランドが急速に影響力を発揮しようとする場合、最良の方法はSNSを通じてシェアすることです。しかし、どんなコンテンツをシェアすればよいのでしょう?ブランドは消費者の習慣からいくつかの問題を考えなければなりません。消費者はどんなコンテンツを見たいか、また、消費者にシェアしたいと思わせるコンテンツとは何か?SNSの力をフル活用するには、消費者をより深く理解し、上述の問題に対して徹底した見解が必要です。誰が最も消費者を理解しているでしょうか?消費者を最も理解しているのは、消費者が最も頻繁に接触している相手かもしれません。その点で、蟻力は優位にあります! 消費者を最も理解するチーム 人が集まり、SNSが生まれる。インターネットは新たな媒体にすぎず、ソーシャルネットワークメディアの台頭、インターネットプラットホームサービスにより、消費者は異なるテーマ、異なる対象と大量に接触し、ネットの世界に対応しています。 蟻力の前身はガマニアのカスタマーサービスチームです。24時間最前線に立ち、異なる方法で消費者の難題に答え、さらに、対内、対外のゲームテスト、運営監視、プラグインの攻撃といった後方支援も担ってきました。長年第一線で顧客と接触してきた経験があるだけでなく、消費者の声を最も理解するチームです。ブランド、製品の核心となる問題をより理解する。それなら、蟻力をおいて他に誰にSNSを任せますか? 蟻力は、長年のカスタマーサービス経験を活用し、さらにSNSのリンクを発展させ、ブランド力の最大価値を発揮。アリの小さな力で大きなものを動かし、分業、協力するという精神を見習い、小さな組織ながらSNS全体を推進する無限の影響力を持っています。

VOL. 71 ガマフィーチャー
July 6, 2015

飛翔を続けるガマニアCheerUp財団

ガマニアは夢の集合体です。CEOのAlbert、ガマニア人たちの夢を集め、さらにその他の多くの社会の人々の夢を乗せています。 創立から10数年、絶えず外部からの支持と助けを受けてきたガマニアは、こう考え始めました。自分たちが資源をより集中し、組織的に行動して「企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility)」を果たしたい。そこで2008年1月4日、ガマニアは「ガマニアCheerUp財団」を正式にスタートさせました。 青少年は全ての夢を実現するスターターであり、私たちの未来の世界を司る主要な力であることをガマニアCheerUp財団は信じています。しかし、この極めて不安定な時代、たどることができる成功のモデルはなく、夢にはもはや決まった道はありません。ガマニアCheerUp財団が青少年を支える事によって、彼方がより大きな挑戦に立ち向かった時、更に大きな勇気と想像力によって、自分の青写真を描き出すことができます。 そこで、財団は「力いっぱい夢を見て、力いっぱい自分を生きる」ことをモットーに毎年、「Summer School 夏日学園」を通じて若い学生を募集し、彼らと共に様々な楽しく熱いプログラムで青少年の精神を啓発し、夢を実践する力を育てて彼らを迷いと失望から遠ざけ、積極的かつ肯定的な価値観を抱いて将来の様々な挑戦に勇敢に向き合い、更には社会に奉仕することで社会に還元してもらうことを決めたのです。

ガマフィーチャー
June 1, 2015

ガマニア20年の歴史:成熟前の大挑戦

子供時代、青春期、成年、人生に様々な時期が存在するように、ガマニア創業の歴史にも異なる段階が存在します。冒険好きなガマニア人の特質もあり、操業開始からこれまで、数々の大きな変化を経てきました。百戦錬磨ではありませんが、健闘を重ねてきたと思います。これらの経験すべてが今日のガマニアの貴重な糧となり、より着実に前進してきたのです。未熟から成熟する過程において、ガマニアはどんな試練に挑戦してきたのでしょう?《G!VOICE》で一緒に、これまでの興奮と感動の歴史を振り返りましょう! 発芽期(2002-2003):上場、資本化 コンピューターゲーム時代に自社製作ゲーム《コンビニエンスストア》がアジアを席巻。オンラインゲーム時代には、《リネージュ》を導入し、プレイヤーのゲームスタイルを変えました。若いガマニアは意欲に満ち溢れ、ゲーム市場で次々と旋風を巻き起こしました。慢心せず、現状にとどまることなく、ガマニアが描く版図はさらに拡大を続け、輝かしい成績を礎に、成長の歩みは加速し、2002年に正式に上場し、資本市場に参入。各方面の投資を集め、ガマニア王国はスタートしました。 ▲コンビニエンスストアは、ガマニア初のヒット作です! 成長期(2004-2006):集団化の展開 2003年、市場での評判も上々の中、ガマニアは、まだ各地の市場の状況を把握しないうちに世界に進出してしまったことから、低迷の危機に陥ります。翌2004年にはこれを反省し、グループ化戦略による企業体質の安定を打ち出すことで、再出発を図りました。挫折を経た後のガマニアはより安定し、ひたすら外へ戦いを挑むのではなく、自分への挑戦により尽力したのです。内部では続けざまにブランドセンター、ガマアイランドを設立、また、ブランドキャンプを開催する等、本部によるコンセンサスをまとめ、完璧なブランドビジョンを構築。内から外へ、ガマニアの影響力を伝えていきました。 ▲内から外へ、統一されたブランドイメージ。 開花期(2007-2013):グローバル化の加速 3年間で基礎を築いたガマニアは2007年以降、全世界で次第に足取りを安定させ、運営、研究開発、オリジナルデジタルコンテンツといった多方面で同時展開し、それぞれで成果を上げていきました。運営面では、日本では黒字となり始め、香港ではゲーム界のトップへと急上昇。さらに、世界各地にオフィスを設立しました。国内のメーカーが中国方面へと進出していく中、ガマニアはアジアと欧米に注目したのです。例えば、《Hero: 108》、《ミグ・セッド》等のオリジナルアニメは北米市場で口コミが広がりました。ブランドコミュニケーションを担うグループの刊行物《G!VOICE》もこの時期に大きな文化交流の効果を発揮し、最高で7言語に翻訳され、発行されています。 https://youtu.be/245w79Kpcyk ▲《ミグ・セッド》は海外で好評を博し、国内のドラマとコラボレーションしたことで、さらにファンが増えました。 成熟期(2014-):持株化の新時代 近年、モバイル化の衝撃を受け、市場の変遷が最もめまぐるしい時代を迎えました。ガマニアは、かつての思考パターンがすでに時代遅れであることを理解しており、絶えず組織のモデルチェンジに努めています。確かに、グループには強みがありますが、変動する環境を前にすれば、さらに高いフレキシビリティと応変能力が求められます。ガマニアはまず「雁の群れ」戦略を提示。内部起業、新規起業、持株等の方法によって多様な領域で発展しています。また、グループ内で新チームを発足、グループ外では新たなパートナーを加え、それぞれより高い自由度をもって市場へ進出しながらも、密に連携し、互いにサポートしあっています。昨年、CEOのAlbertが、国家レベルのフラッグシップネットカンパニーの方向性を確立するため、ガマニアがデジタルライフ分野に進出することを宣言しました。今後は、これまで培ってきたプロフェッショナルなデジタル産業の豊富な経験とアイデアを携え、人々の素晴らしい生活へのイマジネーションの実現に力を注ぎ、魅力溢れる楽しい体験を創造します! ▲クラウドファンディング、eコマース、映像音楽、中継等、ガマニアはデジタルライフ分野に進出し、最もクールなトータルネットカンパニーを目指します! 挑戦にリスクはつきものです。しかし、挑戦するからこそどこまで成長できるのか知ることができ、全く違う未来を切り開くことができるのです。その過程で、未知のこと、挫折、不安に直面するかもしれません。しかし、後で振り返ってみると、これらの試練は逆に助けとなっていたのかもしれない、と感じるかもしれません。これは人生における特別な風景でしょう。20歳、ガマニアのさらなる素晴らしい挑戦、そして、私たちが新たな1ページを開くその日を心待ちにしています。 写真元:http://goo.gl/qGnvhA

VOL. 70 ガマフィーチャー
June 1, 2015

挑戦を乗り越えるために戦略は不可欠

2014年、Facebookの創設者であるマーク・ザッカーバーグ (Mark Zuckberg) は、なんと中国語の勉強に挑戦しました。そして、一年後に北京大学で中国語による講演を行い、観衆をあっと驚かせ、1年で並外れた挑戦の成果を実現してしまったのです。なぜザッカーバーグは、スポーツから楽器、言語、そして仕事等、毎年大小様々なことに挑み、つねに素晴らしい成績を収めることができるのでしょうか。そこに何か秘訣があるのでしょうか?それともマーク・ザッカーバーグの根気と賢さ、才能によるものなのでしょうか?実際、挑戦には戦略が伴うもの。そして、これこそが成功を左右するカギなのです!目標の設定から挑戦の実行まで、これから《G!VOICE》が、挑戦達成の重要な戦略を皆さんにご紹介します! 1. 目標はハードであること!難易度が高いほど、達成率も高くなる アメリカのコンサルティング会社であるLeadership IQの創設者、マーク・マーフィー (Mark Murphy) 氏は、マイクロソフト、マスターカード (MasterCard)、IBMといった有名な起業を指導してきました。そして、高度な挑戦の「ハードな目標」は社員を刺激し、既存のフレームワークを破り、想像を超える成績を達成することを発見。さらに、ビジュアル化できる目標は、挑戦への熱意をより持続させることができるということも発見しました。自分がエベレストの頂上に立ち、壮大な高山の風景を眺める様子を想像してみてください。熱い思いがこみ上げてきませんか? 2. 大きな目標を無数の小さな目標に分ける 仕事をするにあたって、私たちは年間の目標を四半期目標、月目標、週目標に分割します。しかし、個人の挑戦を計画するとなると、こういった実用的な目標設定戦略を忘れてしまいがちです。例えば、1年後に東京マラソンに参加するという目標を例に挙げると、まず10kmから参加し、ハーフマラソンの大会へ、そして、フルマラソンを完走できるまでトレーニングを続けます。目標が大きすぎると、あまりにも遠すぎて諦めてしまいたくなりがちです。しかし、小さな目標を立てることで、目標を達成する達成感を感じやすくなり、また、大きな目標を達成するために必要なスキルもアップするでしょう。 3.挑戦期間の短縮:90日が最も理想的 長期的な挑戦は失敗に終わります。往々にして怠け心に負けてしまい、明日からまた始めようと思ってしまうからです。成功するビジネスマンは90日ごとに小さな目標を1つ達成するように設定します。挑戦期間を12週に短縮すると、今すぐ始めなければならないという切迫感が生まれます。 4.挑戦に関する手がかりを残し、常に自分に喚起する 忙しくなるとつい、挑戦を頭の奥に置き忘れてしまうでしょう。しばらくたって思い出した頃には、もうすでに根気強く続けるモチベーションは失われています。そのため、オフィスのデスクやパソコンの画面といった毎日目につく場所に視覚的な手がかりを残し、易々と諦めてしまわないよう、まだ挑戦の途中であることを自分に喚起します。 5. 先に苦労すれば後が楽になる!早起きして挑戦を終わらせよう 個人の挑戦はしばしば仕事、家庭、レクリエーションの後回しにされがちで、夜や週末になってやっと動き出すという状態になってしまいます。実際、このような心が芽生えてしまうと、必ずや失敗の道を進むことになります。それならば、毎朝少し早く起き、一日の始まりを挑戦でスタートすれば、はつらつとその日の目標を達成でき、挑戦の継続も決して難しくはないと気づくでしょう。 しっかりとした戦略を立てることは、挑戦達成のツールであり、情熱はより遠くへ進むためのガソリンです。新たな挑戦の目標について考える時、まずは数字的な指標や現実的な必要性といったことを忘れましょう。そして、目を閉じて頭の中で挑戦の過程をシュミレーションし、熱い思いがこみ上げるどうかじっくり感じ、それから挑戦をスタートするかどうかを決断してください! 参考資料:http://goo.gl/aNW7fvhttp://goo.gl/gLuqgp写真元:http://goo.gl/MuBMAQ

VOL. 70 ガマフィーチャー
June 1, 2015

夢の素晴らしさを伝える!ガマニアの社会を変える挑戦

ガマニア人には挑戦への熱き血潮が流れており、かつては市場に挑戦し、オンラインゲームブームを生みました。そして現在は未来に挑み、人々に素晴らしい生活をもたらすネットフラッグシップカンパニーを目指しています。小さな作業部屋からスタートし、ガマニアは果敢に夢見、挑戦することで、ここまで来ることができました。大人になったガマニアは、自分の力を捧げ、私たちのように夢を持つ人たちにエネルギーを届けることを願っています。ガマニアCheerUp財団を発足させたことには、こういった理由があるのです。青少年を対象に、夢を大いに語り、挑戦を応援し、幼い苗をしっかりと育み、未来の社会に変化のエネルギーをもたらします。 サマースクールで夢に挑戦する勇気を手にする  CheerUp財団は毎年夏休みに、アドベンチャー教育と双方向のチャリティーが融合したサマースクールを実施しています。生徒たちがチームワークによって、目の前の挑戦をクリアし、夢を実践する勇気を手にできるようサポート!トレーニング期間中には、野外合宿、登山、沢登り、丸木舟等のアドベンチャー教育活動が実践されますが、中でも特別なのは、高空クライミングの挑戦でしょう。生徒たちは5階建てビルの高さの木のくいまで登り、頂上に立って大きな声で夢を叫ばなければいけません。恐怖心を乗り越えてジャンプし、夢を象徴するバーをつかんで、夢を追いかける決心を示すのです。 ▲仲間と助け合いながら、過酷な沢登りに挑戦します ▲5階建てビルの高さの木のくいの上に立ち、全力でジャンプしなければ、夢を象徴するバーをつかむことができません。 サマースクール の期間中、CheerUp財団は「双方向のチャリティー」を目標に、挑戦して夢を追いかけるというポジティブな精神を社会に還元するよう生徒を指導します。僻地の学校に出向いて、トレーニング期間中に学んだ精神を子供たちに伝え、また、花蓮秀林郷の和平村を訪ねて、台風後の被災地域の復興作業を手伝う、といったように、生徒には様々なチャリティー任務が与えられます。学生たちはチャリティーの期間、他の人のために夢を叶える試練と喜びを体験し、その中から自分がいかにして夢を実現するか、さらに、どれだけ努力が必要か考え、同時に、社会のために自分の力を捧げます。 極限の挑戦—大きな夢の計画 2008年、CheerUp財団の設立当初、CEOの劉柏園(Albert)が、最も素晴らしい「挑戦」の手本を示しています。ウルトラマラソンの選手である林義傑氏、陳彦博氏とともにドリームチームを結成し、《北極チャレンジ》(Polar Challenge)を行ったのです。この挑戦は、21日、650kmの持久力勝負で、途中、平均-40度を下回る極寒に耐え、暴風雪、低体温、脱水、ホッキョクグマの攻撃等の危険に直面しながらも、大自然の厳しい挑戦を一つ、また一つとクリアしなければなりません。しかし、ドリームチームは勇敢に立ち向かい、互いに助け合って、参加した9チーム中、挑戦を達成した3チームのうちの1チームとなりました。また、旅の途中、ドキュメンタリー映画監督の楊力州氏も随行してその模様を撮影、ドリームチームの破天荒な旅路がカメラに収められました。この冒険をより多くの人たちに見てもらい、ポジティブシンキングで自分自身、そして夢に向き合うことを呼びかけました。 ▲ドリームチームが21日目にして《北極チャレンジ》に成功した時の集合写真。 《北極チャレンジ》で挑戦レベルの指標を打ち立てた後、CheerUp財団は、不定期で若者たちに様々な極限の挑戦への参加を呼びかけています。2011年の無動力ヨット《勇気号》、2012年の《自転車台湾一周》、そして2014年の《ビッグドリーム計画、空へと羽ばたけ》では、台湾初の航空学校と提携し、空への夢を持った5人の軽飛行機パイロット免許の取得をサポートしました。一連のビッグドリーム計画は、勇気を出して挑戦すればどんな夢もかなうという信念を伝えているのです。 ▲2011年《ガマニア勇気号》CheerUp財団のメンバーが協力し、香港から台湾まで、無動力ヨットを運転。 ▲2012年《自転車台湾一周》イベント中。メンバーはゴールに向かって全力で突き進みました ▲《ビッグドリーム計画、空へと羽ばたけ》訓練のチャンスを得た学生たちが、初飛行前に大興奮でジャンプ 夢へ挑戦する精神をストーリーで伝える 生徒たちの夢を追いかけるストーリーは、他の人の心に夢への挑戦の種を植えることになるかもしれません。CheerUp財団は、次々と《ともに夢を描こう、ホリデーピクニックイベント》、《夢を追う勇敢な夏展》、Tedと共催の《2015 TED x Youth @Taipei》といった体験共有イベントを開催。ドキュメンタリー映画と公演を通じ、大胆に夢を追いかける数々のストーリー、揺ぎ無く挑戦へと立ち向かう精神が多くの観衆の心を揺さぶっています。今後、ガマニアは、DRMプラットホームをリリースする予定です。夢を追いかける中で得た収穫をシェア、交換するプラットホームを提供し、より多くの人が勇気を出し、慣れ親しんだ生活圏を飛び出して果敢に挑戦し、大胆に夢を追いかけてくれるよう応援します! ▲生徒が《Summer School》成果発表会にて、勇気を手にし、夢へと挑戦する過程をシェア。 ▲CheerUp財団とTEDが共催した《2015 TED x Youth @Taipei》では、スピーカーたちによる素晴らしい挑戦、夢を追うストーリーが観衆の心を打ちました。 写真元:http://goo.gl/X99K5D

VOL. 70 ガマフィーチャー
June 1, 2015

Love to PlayからDare to Challengeへ

ガマニアが20歳を迎えました!冒険を愛する遺伝子を持つガマニアは、これまで山あり谷あり、妥協という言葉を知らない子供のように、環境に臆することなく、市場にチャレンジしてきました。ガマニア人にとって、周囲の厳しい風当たりは成長するための栄養であり、不可能であればあるほど、逆に挑戦する価値があるのだと考えます!人生の段階によって、それぞれ視野が異なるものです。20歳のガマニアは立派な大人になり、これまでの遊びを愛し、敢えて遊ぶという精神を携えながら前進し続けます。将来的には国家レベルのフラッグシップネットカンパニーへと成長することを目指し、新たなポジションを定め、調整を行いました。 ガマニア発展の原点Love to Play かつてガマニア人は「Love to Play」の精神を誇りとしています。市場において、私たちは勇敢なるイノベーターであり、常に奇想天外な戦略でダイナミックな活動を展開してきました。ガマニア内での盛んなサークルやイベントもまた、ガマニア人の何事においても全力を尽くし、人生を満喫するというスタンスを十分に表しています。「Love to Play」の精神は、決して遊びにおいてだけでなく、ガマニア人の人生に対する熱意の表れであり、また、仕事における好奇心、意欲、旺盛なエネルギーを示しています。すべてはここから始まるのです。 Dare to Challenge果敢に挑戦 未来を見つめる 20周年の分岐点に立ち、未来を見つめるガマニアは、自身の遺伝子について改めて考え、新たなブランドの核心理念である「Dare to Challenge」を打ち出しました。私たちはこれまで通り、世界を探索するという情熱を絶やさず、ガマニア式の生活哲学に誇りを持ち続けます。しかし、新時代の衝撃を前に、ガマニアはより積極的に、より決然と、果敢に冒険する心意気をもって挑戦へと踏み出していきます。今後のガマニアは慣れ親しんだデジタルエンターテインメント事業の開拓だけでなく、デジタルライフの分野へと幅広く展開。素晴らしい生活へのイマジネーションを構築し、ともにhave a good GAME!からhave a GOOD TIME!を目指します。「Dare to Challenge」は私たちのスローガンであり、期待です。果敢に挑戦し、挑戦を受け止め、常に現状に甘んじることなく、より素晴らしい明日を創造します! 写真元:http://goo.gl/v1F73mhttp://goo.gl/E04YG7

VOL. 70 ガマフィーチャー
June 1, 2015

進化せよ、ガマニア人!挑戦の原動力を徹底解剖

良い生活を送っているのに、人はなぜ挑戦するのか?人生の価値に対する期待は人それぞれかもしれません。しかし、間違いなく挑戦は、人間が進歩し続ける為の原動力となります。何かに挑戦すれば、生活にも目標が生まれ、より高いレベルへと前進することができるでしょう。では、どのようなモチベーションが人を挑戦に向かわせるのでしょうか?企業において、皆が共に努力するようになるにはどうしたらよいのでしょうか?《G!VOICE》と一緒に挑戦の原動力を探り、進化の道を突き進みましょう! 挑戦の源:達成動機 挑戦とはいったいどこから生まれるのでしょう?心理学者のD.マクレランド(D.C.McClelland)は、かつて、人が目標を達成しようとするモチベーションを指す「達成動機」の概念を示しました。彼は、人の活動とは常に特定の目標を目指し、何かを達成しようとし、成功に至るまで、克服する過程では数々の挫折があると考えたのです。達成動機は動機の一つの過ぎず、創造や自身の向上、知識を求めるといった動機と影響しあい、また、社会の流れと人生の段階における導きを受けるものです。子どもの頃の達成動機は、ゲーム、生活における日常規則の遵守といったことにあるかもしれませんし、就学後の動機としては学びや人間関係、社会人になると仕事の業績や出世等があるかもしれません。 ▲マクレランドは、人のハイレベルな要求とは、達成、権力、親和に対する要求に集約されるとしています。 また、ある科学者は、外在、内在的な動機では、その強さが全く異なるということを発見しています。外在的な動機の指示(試験、宿題といった、やらなければならない事)と内在的な動機による指示(将棋、スポーツ等、自発的に行う事)を受けた場合の活動を比較すると、後者では、被験者がより楽しみ、また、進んで挑戦を受け、挑戦のレベルが高くなるほど関心が強まることが研究により示されています。これは、自分が好きな仕事に就くことで初めて、全力を注ぐことができ、また、最高の収穫を得る要因となることも示しているのです!  個人からグループへ:会社と共に挑戦 グループ内の全員がそれぞれ適切な達成動機を持つことで、より速く進歩することができます。皆が共通の目標を持つことで、挑戦を恐れず、市場における競争力を維持し、時代に追いつく柔軟性を身につけることができるのです。社会がスピーディーに変化する現代、常に異なる挑戦に直面しなければなりません。無印良品とGoogleを例に、彼らの対応を見てみましょう! 一度は苦境に立たされながらも、再び息を吹き返したケースとして、無印良品にある逸話があります。無印良品は、1999年に、失速が拡大したことで収益が下降の一途をたどり、市場では「無印良品の崩壊」の声が広がっていました。当時、人事出身の松井忠三氏が社長職を引き継ぎ、一連の改革を進め、無印良品の再生に挑みました。松井はその辣腕を振るい、まずは38億の不良在庫を処理し、無印良品の生まれ変わりを示したのです。さらに、かつての感性経営、帳簿システムの改善と製品開発の合理化を進め、また、それまでの「利益を上げてから店舗を展開する」という原則を捨て、台湾で商業エリアの発展性を考慮して、大胆にも店舗を拡大。こういった様々な新方針は、恐らく犠牲を伴うものだったでしょうが、不思議なことに、これらの改革によって、無印良品は根本から再生し、ついには形勢逆転を遂げ、かつて以上に輝かしい成績を生み出したのです。 ▲無印良品は製品の領域を拡大。嗅覚、触覚へもアピールすることで、消費者により深く、細やかな体験を届けています。 ▲無印良品は時代のトレンドに敏感です。ファッションでは、かつて永沢陽一、山本耀司、植原邦雄といった有名デザイナーとコラボレーションしました。 苦境には当然挑戦がつきものですが、順調な場合は、どのようにして挑戦のモチベーションをキープすればよいでしょうか?絶えず革新を続けるGoogleの例が参考になるかもしれません!Googleは自由にアイデアを発表することを奨励しています。そして、合意を経て、実行の順序を決定します。社員は自分のアイデアが実現されて、世界が変わる様子を目の当たりにすることができ、そして、ライバルをリードし、自分自身をリードするのです。このやる気に満ちた社員たちに対するGoogleの戦略、それは挑戦です。どの研究プロジェクトも、通常たった3ヶ月しか続かず、社員が同じポジションにいる期間は平均で1年から18ヶ月間のみ。こうして変化し続ける環境と新鮮な感覚を常にキープしているのです。 ▲Googleのオフィスには誰もが興味津々。心地よい雰囲気の下、社員は常に新たな挑戦に挑んでいます! 自分の人生に一番満足し、最高の喜びを感じたのはいつでしょう?きっと一人一人答えは違うはずです。心理学者のマズロー(Abraham Harold Maslow)は、かつて至高体験(Peak Experience)の理論を提示しました。すなわち、心の奥深くを揺さぶるある種の体験、喜び、興奮、幸福、無我夢中、ドキドキの瞬間といったインスピレーション溢れる体験は、しばしば困難な挑戦の最中に体感するものである、ということです。結果はどうあれ、挑戦が人にもたらすのは、物質のように決して単純なものではありません。挑戦とは、人生における活性剤であり、懸命に努力した後には貴重な満足感と悟りを得ることができるのです。ガマニアの挑戦はすでにスタートしています。準備はいいですか? ▲挑戦がもたらす至高体験をあなたは感じたことがありますか? 参考資料http://goo.gl/1wE75Bhttp://goo.gl/QNRA8dhttp://goo.gl/gTlLDYhttp://goo.gl/mtdGOAhttp://goo.gl/pfdPF7http://goo.gl/bgCcHb写真元:http://goo.gl/mrM6Hnhttp://goo.gl/kJ5TzAhttp://goo.gl/3XuwyThttp://goo.gl/vphFNGhttp://goo.gl/VLxKTKhttp://goo.gl/MPSdA4

VOL. 70 ガマフィーチャー
February 26, 2015

ガマニアインターネット艦隊、全面出航!

2015年はガマニアの20周年の年であり、また、ガマニアインターネット艦隊の最初の年でもあります!一般の皆様、企業のお客様により多様なインターネットソフト、ハードサービスを提供するため、今年、ガマニアが転身の大きな一歩を踏み出し、国家レベルの旗艦インターネット企業へとまい進します。 20年の豊富な運営経験、革新的なマーケティング手法、真心の顧客体験を携え、ガマニアは各分野のインターネットコンテンツの専門家と協力し、ともにオールラウンドのインターネット艦隊を創造します!2014年末、グループ発展の新事業が続々とスタート。また、市場においても大きな波を起こし、各大手ニュース、掲示板、情報プラットホームで議論を巻き起こしただけでなく、期待感を与えました。 eコマース、映像音楽プラットフォーム、ファンディングプラットホーム、キャッシュフロー統合等、様々な領域における全面的な展開は、ガマニアがまもなくより多様なステージを迎えることを意味します。また、これは新たな時代のカギでもあり、第一線に身を置く各ガマニア人にゆだねられています。それは、「よいスタートは、成功の半分を占める!」この古くからの道理は今も変わらない真理です! 新たなスタートが、未来の版図の大きさを決定付ける! 往々にして、新たな始まりは、未来の歩む方向の80%を決定付けます!幼児教育の設計から、戦争の際の先鋒部隊の厳選まで、すべてスタートの重要性を物語っています。なぜならそれは、土台を築くようなもので、安定した基礎を築けなければ外からの妨害や破壊を防ぐことができないからです。また、幅広く展開しなければ、より高く、より遠くへと構築することはできません! 現在のガマニア人はまさに、今後のルートをプランニングするデザイナーであり、今後の消費者の意識におけるガマニアのイメージ、企業文化の発展、制度の継続、すべてガマニア人がこのスタートをどう進むかが今後を決定付けるのです。そのため、私たちはどのスタートも念入りに運営し、決して小さな問題から大きな損害を出したり、忙しさから怠けたりしてはならず、ガマニアの精神をしっかり持ってスタートし、国家レベルのインターネット事業体を打ち立てなければなりません! 今年、ガマニアは4大優勢で第一戦を迎えます!ルールの壁を越え続ける「イノベーション」のDNA、長年インターネットの世界を渡り歩いた「経験」という養分、多様な事業体という豊かな「資源」、「夢」にこだわり続けるガマニア人が、今回の戦いでも美しい勝利を獲得すると信じています!コンピューターゲームから情報、ゲームの供給からコンテンツのシェア、エンターテインメントから生活へ。ガマニアはまもなく全く違う、広大で、はるか遠くへと歩み、最も重要な第一歩を踏み出し、ともに創造します! これが「スタート」キーです。どう押すか準備はできましたか?! イメージソース:http://goo.gl/UDNhaZhttp://goo.gl/e4ZPJa

VOL. 69 ガマフィーチャー
February 26, 2015

ガマニア航海誌!探検家の栄光の軌跡

市場において、ガマニアは常に冒険を愛する探険家であり、一見普通の物事を観察し、そこから新しいチャンスを発見して、別の道を切り開くことを最も得意とします!新たなものを探索する情熱、予想不可能なアイデア、ルールに縛られない大胆さ、他の人が軽視する細かいことへの注意深さ等、すべてがガマニア独自の特徴であり、ゲーム業界で20年間、大小様々な栄光の軌跡を刻んできました! 私たちの起源を知ることで初めて、今後どう歩んでいくかがはっきりとわかります!今回G!VOICEは皆さんを連れてガマニア航海誌のページを開き、過去の記録を振り返りたいと思います。ガマニア人がどのようにしてゲームのルールを乗り越え、ひとつ、またひとつとガマニアブームを創造してきたか見てみましょう! 1999年6月15日新たな製品の位置づけで、コンピューターゲーム市場を開拓-コンビニエンスストア コンピューターゲームは元々ロールプレイング或いはストラテジータイプがメインでしたが、ガマニアは初めてかわいいスタイルの《コンビニエンスストア》をリリース。また、天心をイメージキャラクターに起用することで、ゲームがマーケティングを重視するという新たな概念を創出し、女性層の取り込みに成功。アジア全域で120万セットを売り上げました! 2000年4月30日ガマニアがインターネット時代へと邁進する艦橋を造る-ゲームルーム Albertはオンラインゲームが必ず今後のトレンドとなると考えていました。最高のネットクオリティを提供し、また、一般の人たちの「インターネット」に対する認識を向上させるため、ガマニアは巨額の資金を投じてアジア最大のオンラインゲームルームを造りました!ゲームを運営するガマニアの要地として、航空母艦の艦橋をデザインコンセプトとする機関室が、ガマニアをオンラインゲーム時代へと導きました。 2000年7月5日台湾初のポイントカード発行メーカーとなる-GD2S (Gashの前身) 海外のギフトカード(Gift Card)のプレゼントと支払いが可能というコンセプトを結びつけ、Gashカードによって、ポイントカードを発行する初の企業となり、業界がこぞってこれに倣いました 2005年8月2日月額費用無料というマーケティングの初の試みで、新たなゲームブームを創造-メイプルストーリー 《メイプルストーリー》の代理権を取得後、6月2日に無料ゲームという運営モデルの採用を発表し、当初市場の期待は非常に低く、プレイヤーに悪い支払い習慣を植え付けるのではないかと思われていました。しかし、月額費用無料により、ゲームの敷居が大幅に下がり、より多くの年齢層のプレイヤーを引きつけ、メイプルストーリーは台湾で初めて成功した月額費用無料のオンラインゲームタイトルとなりました。 2005年10月5日  ゲーム産業の支払い革命-Gash より簡単にゲームを楽しんでもらえるよう、ガマニアはGash決済プラットホームを設立し、台湾初のバーチャル決済チャンネルを提供するゲームメーカーとなりました。さらに革新は止まらず、今年Gashは1枚のカードで1つのゲームという壁を突破し、提携パートナーの使用を提供。     ゲームの支払いモデルを発展させました。 2007年7月1日オリジナル体験マーケティングで、瞬時に100万のプレイヤーを集める-リネージュ ゲームにどうして沢山お金をかける必要が?全国のコンビニエンスストアを通じて、無料でオンラインゲーム「リネージュ」のディスクを100万枚プレゼントし、同時に権利金を必要としないシステムでインターネットカフェ市場に進出し、新たな「体験型マーケティング」により、海賊版に対抗するだけでなく、短期間で200万人の会員を集めました! 2011年9月8日独立ゲームショーを大胆に開催-Gamania Game Show デジタル領域の巨頭であるApple、SONY、ブリザード等は自社だけの専用エキシビションを開催しており、ガマニアも世界レベルの独立デジタルエンターテインメントショー、Gamania Game Show(GGS)に大胆に挑戦し、各国のメディアを台湾に招待しました。全体の計画から会場のデザイン、メディア招待、企画まですべてを取り仕切り、台湾ゲーム市場における重大な一里塚を築きました。 2014年12月25日Beyond Gaming – ゲームからインターネット、モバイル化へ 果敢に冒険に挑むガマニアは、今回居心地のよい場所から思い切って踏み出し、フラグシップタイプのネット企業となる挑戦に挑みました。長い間準備してきた新しいチームが、今年の末続々とスタートし、eコマース、映像音楽プラットホーム、決済統合、モバイルエンターテインメントへと全面的に展開しています。 ゲームからネット企業へ。ガマニアは絶えず挑戦を続け、他の人が挑戦できないこと、他の人が思いつかないことをやる。そして、革新の誇り、アイデアの情熱を持って、私たちは今まで歩み続け、これからも歩みは続きます!今年、20数年来の探検家精神を携え、ともにガマニア史上により大きな一里塚を築きましょう! イメージソース: http://goo.gl/XRnp5g

VOL. 69 ガマフィーチャー
February 26, 2015

ガマニアの内部から外へ!遊びから広がるガマニア式ライフスタイル

職場は多くの人にとってはただの厳粛な仕事の場です。しかしガマニアでは、ガマニア人も仕事となれば同じように真剣ですが、自分のカラーを守ることができ、自由なリズムで仕事をし、生活を満喫しています。「Love to Play」はガマニア人のDNAであり、背後に脈々と流れるエネルギーは、果敢に探索する好奇心、そして人生に熱中するというスタンスから生まれています。 本業はNO?眠れるガマニア人 エンジニアは退社後ギター講師になり、真面目な法務担当はダンスを愛するハイテンション、フィギュア好きのヲタクが実はアクティブな青年…。ガマニア人の才能は決して見た目から知りえるほど単純ではありません。高い専門能力はもちろんのこと、仕事以外の分野に対しても熱心に学び、冗談交じりに自分は本業はダメだという人もいます。ガマニア人は共通してどんなことにも好奇心と情熱を持ち続けるという特徴を持っています。「副業」は心身のバランスを整えるだけでなく、ガマニア人の柔軟さとアイデアを高め、多様で異質な人々が刺激しあうことで、ガマニアの今の豊かな姿を創造することができるのです。 外見から人を判断することはできる?きっとガマニア人の隠れた特技を見抜くことはできないでしょうが、探求好き、オープンで自由なオーラを感じ取ることはできるでしょう。忙しい仕事の中でも、ガマニア人は自分のリズムをキープし、自分のやり方であらゆる挑戦に立ち向かいます。 ▲紛争処理を担当する冷徹な法務と渾身のヒップホップダンス。いずれもJustin(GHQ-SMO-Justin 魏弘傑)の最も自然な一面である。 Justinは次のように話しています。ガマニアの環境の良さにひかれてここで仕事を始めました。スポーツジム、そしてガマニアの大小様々なイベントからは、ガマニア人が生活をとても重視していることがうかがえます。入社後はホットダンスサークルに入り、たくさんのダンスを愛する仲間を見つけ、学生時代からの趣味を続けています。「左右の脳をバランスよく発達させられる仕事を見つけられる機会は本当にめったにありません!」。ホットダンスサークルだけでなく、ヨガ、テーブルゲーム、生け花など、多くの人がガマニアのサークルで才能を磨いています。中にはいくつものサークルを掛け持ちし、大学生よりも遊びに情熱を傾けている人もいます! ▲ウクレレの授業を真剣に受けるガマニア人。 文化を感じる。ガマニア内部のライフスタイル このように変わったガマニア人ですが、ガマニア内ではどのように生活しているのでしょう?ガマニアは文化のある場所で、どんな些細な部分からも新たな工夫やアイデアを見て取ることができます。例えば、ガマアイランドのデザインは「おなか、エネルギー、魂を満たす」をコンセプトに構成され、全会議室が異なる名前を持ち、仕事の属性によってオフィス空間が形成されているといったことが挙げられます。Albertはかつて「どの会社も自分の独特の精神を持つべきだ。」と言いました。ガマニア全体の文化的な空気は、他の会社が真似できるものではありません。この大変有機的で、友好的、クリエイティブな環境の中で、ガマニア人は思いきり自分を表現し、様々な可能性を模索することができます。 ▲ガマニアには大きな包容力がある。何が起きたっておかしくない!? ライフスタイルとは、生活の様々な側面で形作られた姿勢、精神です。ガマニアは、企業は文化を備え、自分の個性を持つべきであると考えているため、様々な方法で内外のコミュニケーションをとっています。例えば、空間、刊行物、エキシビション、イベント、お祝い等、全てのガマニア人の参加と解釈により、独自のガマニア文化が生まれます。 ▲遊びは私たちにとって重要な遺伝子で、○×ゲームで来訪客の遊び心もくすぐる ▲SPACE 17の展示を見ればガマニアの新たなトレンドをキャッチできる! 新たなガマニアのスタート。ゲームから生活へ ガマニアはゲームから出発し、市場の荒波を乗り越えてたくましく成長してきました。早期のコンピューターゲームの販売からオンラインゲームのトレンド、ゲームポイントという革新的なサービス等、ガマニアは常に他とは違う道を見つけ、市場に新たな革命を巻き起こしてきました。しかし、冒険、挑戦を愛する私たちは決してこれに満足しません。テクノロジーの波という衝撃の下、さらに多様で面白いチャンスが掘り起こされるのを待っています。ガマニアはゲームの分野で輝き続けるだけでなく、アンテナをさらに深く、もっと拡大し、ガマニアの生活に対する観察と姿勢を伝え、全世界に私たちのガマニア式ライフスタイルを体験してもらいます。 ▲生活の領域へと進むガマニアは、私たちの人生に熱中するという姿勢を全世界に届ける。

VOL. 69 ガマフィーチャー
February 26, 2015

新世界へ!ガマニアがインターネットから生活へ!

なぜガマニアはこのような大きな変化を必要とするのでしょうか?消費者でもある私たちにとって、インターネットはすでに必要不可欠になっていませんか? 最近ではモバイルテクノロジーが爆発的に発展し、インターネットはすでに生活の一部となり、人々の消費モデル、行動にも明らかな変化が見られます。 インターネットが生活の各方面に浸透して起きたモバイルブーム。消費者のデジタルルートを把握することで、真にビジネスチャンスをつかむことができます。国際電気通信連合(ITU)の調査報告によると、2014年、世界のインターネット人口は29億人に達し、また、5年以内に76億人にまで急増することが予測され、モバイルデバイスはデジタル化の重要なプッシャーであると示しています。また、調査では、台湾人の毎日のインターネット利用時間は世界第1位で、197分にも及び、世界の平均数値と比較して55分長く、その内、過半数がインターネットショッピング人口で、携帯電話によるショッピングに慣れていると示しています。これらのデジタルトレンドは、ガマニアの変化の必要性を物語っています。 このようなトレンドに対し、ガマニアはより消費者の生活に進出する必要があります。今回、各分野のコンテンツの専門家と協力し、ともにオールラウンドのインターネット艦隊を創造。トレンドから、これらの先駆的な試みをひも解いて行きます。 ストリーミングが流行する未来: 視聴習慣の変化、インターネットの加速、モバイルデバイスの成長により、オンライン映像音楽は世界の視聴の主流となる。ユーザーは操作が簡単なオンデマンドサービスを利用し始め、オンデマンドクロス・プラットホームを通じてビデオコンテンツを取得します。エリクソンは、2015年はメディア形式の消長のカギであり、消費者のストリーミングコンテンツの視聴頻度は、正式に従来のテレビ放送を超えるであろうと予測し、「2015年、Videoは決戦の市場となる!」というスローガンを声高に叫んでいます。 ▲三大ストリーミングの巨頭Netflix、Hulu、Amazonは、昨年素晴らしい売上高を記録し、オリジナル製作コンテンツへの投資を次々と追加。 電子財布が財布に取って代わる: 48%のスマートフォンユーザーが、携帯電話での商品或いはサービスの支払いを好み、さらに、3分の1のユーザーはスマートフォンが現金に取って代わるべきであると示しています。また、80%のユーザーが2020年には、スマートフォンが完全に財布に取って代わると考えています。今年1月16日、立法院で《電子支払機構管理条例》が通過し、代理受取、立替、チャージ、振り込み等の業務を開放。また、上限を5万にまで引き上げて人々の消費ニーズに一致させ、このことから、電子支払いが正式に、そして大きく生活に進出することが分かります。 ▲モバイルアプリケーション清算で、電子財布の陣取り戦争が始まる。 クラウドファンディングの台頭、革新の足取りが加速: クラウドファンディングの台頭により、多くの発明家が十分な研究開発資金を集めることができるようになり、かつては想像もできなかった革新的なサービスや製品が急速に市場へと進出しています。Massolutionの研究によると、2013年に全世界のクラウドファンディングが51億米ドルに達し、その内、90%が欧米市場に集中しており、世界銀行はさらに、2025年には総額960億米ドルを突破するだろうと予測しています。アジアが占める割合は大幅に成長し、そして最も重要なのは、中華圏の市場においてまだ大きなクラウドファンディングプラットフォームが無いということです。 ▲ネットユーザーから小額の資金を募集することで、資金調達の発起人がアイデアを実現することができる。 想像を超えるモバイルゲームの成長: 市場調査機関のNewZooは、2014年の全世界のゲーム生産額は752億米ドルで、その内、モバイルゲームが約21.1%、2016年には、全市場が861億米ドルに達し、モバイルゲームは27.8%にまで上昇するだろうと推定しています。台湾では、二大大手モバイルゲームプラットホームの製品でみると、トップ5のゲームの月次売上高は億を突破するレベルであると推定され、これらの数字は成長し続けています。 ▲Googleが2014年のモバイルゲームに関する興味深いデータを発表。ゲームにおけるプレイヤーの、のべクリア回数が合計35億回に達した。 インターネットショッピングは便利なだけでなく習慣に: モバイルデバイスの普及が、新たなトイレ経済(人はトイレに居る間にインターネットでショッピングをする傾向がある)を牽引しています。金融監督管理委員会は、2014年の台湾のeコマース市場はおよそ8,800億台湾ドルで、電子支払条例の実施発表後、2015年には、1,200から2,000億台湾ドル増加する予測しています。電子ビジネス産業は兆元規模の産業へと飛躍し、そしてこれは台湾の数字に過ぎず、中国のeコマース市場を加えると、そのビジネスチャンスは無限大です。 ▲大小のショッピングサイトがこぞってアプリをリリースし、細かい時間のショッピングというビジネスチャンスの獲得を期待している。 数年後の消費者を想像してみると、通勤時間は「Coture」で人気のネット番組を見て、会社に着くと同僚と「WeBackers」の資金調達案について話し、暇な時間には「MadSugr」の新しいモバイルゲームで遊び、仕事が終わると、「GASHの支払い」を利用して「Jollywizのeコマース」でショッピングを楽しむ。この風景こそ、ガマニアが生活に進出しようとする理由です。 トレンドの歯車は絶えず動き続け、人の習慣もまた想像を超えて変化し、あらゆる変化が淘汰であり、さらにチャンスなのです。今回、ガマニアは生活へと進出し、かつての経験を携えて果敢に未来を創造します。私たちはガマニア。面白いゲームだけでなく、面白い生活を生み出します。今年、私たちは国レベルの旗艦インターネットカンパニーの道をスタートします。 データソースhttp://ppt.cc/nDLthttp://ppt.cc/Q7CBhttp://ppt.cc/eC7Lhttp://goo.gl/dXnYsbイメージソースhttp://goo.gl/LiW0NJhttp://goo.gl/PTtJ8Jhttp://goo.gl/8YJmNuhttp://goo.gl/n1TXkfhttp://goo.gl/j6q0jchttp://goo.gl/ukWYLW

VOL. 69 ガマフィーチャー