ico_gvoice

無限の舞台裏インタビュー:進み続け、際限なき美しさを切り開く

20年、過去に創り出した多くの奇跡から、グループ化・グローバル化を経て、国家レベルのフラッグシップネットワーク企業への邁進。過去、現在、未来の豊かな経歴と前途とをガマニア20周年展という精髄にするには、多くのマンパワーと多くの情熱、さらに面倒な準備作業を必要としました。最も光り輝き盛大な「無限」展を皆さんにお見せするためだけに、ガマニアパートナーたちは何日もの間昼夜を問わずに心と力を尽くしました!今回のG!VOICEでは、ブランディングディレクターのAhbin Chen(Ahbin)氏、カンパニーマーケティングディレクターのIona Chen(Iona)氏にダブルインタビューし、20周年展の企画・開催の裏話をお伝えします!

▲ガマニア20のメインビジュアルは多彩なダイアログボックスを表現

ダイアログは二度と単一なものではなくなる、多彩によりクロスボーダーな融合を表現

ガマニア20のメインビジュアルは多彩なダイアログボックスを表現しており、これはガマニアが元より非常に熟知しているエレメントが変化したもので、先人の後を受け新しく発展する端緒を開くという意義を有しています。Ahbin:「ダイアログボックスは以前使ったことのあるエレメントですが、また新たに新しい意味を持ち出すことができ、このイベントの核心とマッチしました。もう一つの意味は『解放』です。従来のガマニアはオレンジ一色だけでしたが、今では一色だけではなく、あなたがそれを一つの『従来のダイアログボックス、未来の調合カラーパネル』として見ることができ、この中で様々な異なる色を調合することができるのです。」

色彩の解放後には、ガマニアは二度と単一な極限ではなくなり多様な可能性が存在していることを表し、多様な色彩により子会社を作り出し、エコロジカルネットワーク全体の概念を伝えます。Iona:「以前私たちは単一の白、オレンジでしたが、現在ではピンク、緑等各子会社の代表色を組み込み、ガマニアが受容的・蓄積的なグループであることを表現してガマニア20のメインビジュアルとしたのです。」

巧みな構想を有した動線を打ち出す、クロスボーダーな体験はゲームから始まった

今回のメイン会場での展示準備と動線はゲームゾーンから始まり、GASH、2階のCOTURE、新イノベーション、CheerUp財団、最後のブランドショップとガマアイランドへと続きました。このように準備するのは外部のガマニアに対する第一印象と同じですが、Ionaは言います。「実は当初はhave a GOOD GAMEではなくhave a GOOD PAYを第1ゾーンにしたかったのです。グループの来年の重点事業ですから。ただロジック的に消費者に私たちの出発点を見てもらい、そこから続けていく必要がありました。この筋道と動線はグループの将来の発展の概念と一致しています。だからこそ最も重要な2つの事業体のをゲームを起点とし、have a GOOD PAYを通して次の一歩へ向かわせたのです。」

Ahbinもこの先人の後を受け新しく発展する端緒を開くという概念に賛同しました。イノベーションにはまず既存の基石の上に立ち、そこから未来に展開することが必要なのです!

Ahbin:「重要なのはイノベーションです。私たちは全く『新しい』が、『創る』には人々にその基礎を知らしめる必要があります。さらに私たちの全体のコミュニケーションの基本姿勢はbeyond games, into lifeであるため、消費者にとって、私たちは彼らのよく知っているあの顔ぶれをまず彼らに知らしめる必要があるのです。」  

▲展示ゾーンの企画には巧みな構想が練られ、ガマニアの成長過程を貫く

真実は距離ゼロ、すばらしい生活がすぐそこに

ガマニア20展の会場ではどこでも自由に写真を撮ることができます。近寄り難い芸術品はどこにもなく、各展示ゾーンにはどこにも温かなネットワーク生活に溢れており、例えばGASHの打ち出した新しい生活概念を体験したり、COTUREの新プログラムを楽しんだり、ガマアイランドアイスティーを味わったりすることができます。これらはすべてガマニアが真摯に伝えたいと願うすばらしい体験です。Iona:「一番のメインは、ガマニアは既にゲームというエレメントだけに留まらないということで、今後はより多くのおもしろいサービスにより、消費者の生活に深く入り込みます。これがこの展示で消費者に伝えたかったメッセージです。」

ガマニアが伝えたかったのはブランドの色彩だとブランディングディレクターのAhbinは言いました。ガマニアは元はネットワーク上ではバーチャルで触れることができませんでしたが、20年が経ちこの展示により自ら体験しガマニアのブランドストーリーの中に入ったのです!Ahbin:「特にTALKゾーンでは真実を感じていただけます。なぜなら社内はこの雰囲気だからです。だから皆にも私たちが本当に存在するブランドだと感じてもらえると思うのです。そしてガマニア人はとても自然で、とても内在的です。それはこの展示のために作り出されたものではありません。だからこそ私たちは詳細に企画し、安定的で非常に重要なエレメントを表現できるようにと考えたのです。」

▲TALKゾーンのシェア会、ステージの上でも下でも距離がない

ガマニア全体ミーティング、千載一遇の成長のチャンス

以前はガマニア主催かどうかに関わらず多くの展示の主軸は「ゲーム」に関するものでした。ゲームが100%となることはなく、今年はゲームの比重を大幅に変えて多元化の内容に置き換えました。同時にガマニアの過去のイベント開催方式も変えましたが、当然困難もやってきました。Iona:「以前は目標が一つあればよかったのが、現在では子会社ごとに異なる目標があり、それらをいかにグループ全体のニーズに合致させるかが難しかったです。ただ同時に消費者にとっても有意義で、この部分は実は非常に大きな学習であり、困難があれば克服し、克服後はこれらの事業体についてより深く理解できます。展示によりガマニアの外部・内部の人すべてがガマニアが今何をしているかを理解できるのです。」

20年の展示規模は非常に煩雑で、一人の力で完成できるものではありません。ガマニア全体ミーティングと密接な協力によりはじめて目標を達成することができるのであり、ガマニア人にとっては非常に貴重な成長の機会でした。Ahbin:「イベントを開催するということは非常にエキサイティングなことだと思います。それは大型のチーム・ビルディングであり、一つのことを皆で一緒に完成させるというのはめったにないからです。普段は事業体ごとに売上を作り出していますが、このイベント体験ほどの真実もチャレンジ性もないように思います。」

本気で取り組み、苦労を活力と笑みに変える

開催が近づくにつれ気を弛ませることができなくなりました。事前に各部をより詳細にチェックする必要があるからです。それでも正式イベントのあの数日間は活力に溢れ満面の笑みのガマニア人が会場を行き交う姿を見ることができました。Iona:「当日私は皆の表情がとても興味深く思えました。皆笑っていたのです。こんなにも長い間努力してきたプロジェクトに本当に消費者が自らやって来たのですから。1日目はゲームカーニバルのため当然多くの人が来るとは思っていましたが、2日目は本当に腕前だけにかかっていました。私たちの腕前は本当に悪くなかった。なぜなら2日間の来場者数にほとんど変化がなかったからです!」

イベントについて過剰な宣伝はしませんでしたが、皆の想像を覆す驚きと豊富なイベント内容が自然と人々を会場へと引き寄せたのです。Ahbin:「特に2日目にはダニーと財団の子供たちが登場し、双方の人数は大差なく、それぞれが特徴的なグループを持っていました。彼らは野次馬に来たのではなく、彼らのcontentを選択したくて参加したのです。」  

▲展示ゾーンは人で溢れ、2日目もその人気が絶えることはなかった

ディテールに注意を払い、パーフェクトな幕引きを追求する

イベントを開催するのは大変です。準備の過程、ひいては開催中にも、多くのディテールと突発的な問題を処理する必要があり、グループの臨機応変な対応と危機処理能力が試されました。パーフェクトを追求するガマニアグループはたとえディテール一つでも見逃すことはありません。例えばキノコパズル当日は深夜に並ぶプレイヤーが非常にたくさんおり、スタッフを追加して安全を保ち、ジンジャーティーを出したりしました。小さな気遣いによる行動がプレイヤーから非常に良い評価を得て、温かさを感じてもらうことができました。Ahbinも言いました。「本当に真実の状況は私たちが展示の1日前に壁一面のガマニアの経歴が取り壊されたことです。自分の一生をどのようにして語るのか、人生で非常に重要なマイルストーンをいくつか選択する時、これはすごく難しいと思うのです。なぜなら一部の情報の表示方法は私たちが予想したものではないためにその場で決断しなければならず、間違ったものを人に見せるわけにはいかない。その後開催の1時間前に急いで再度完成させたのです」。

Ionaは記者に当日の経験を語りました。「人数が非常に多かったために会場を変更した結果、元々作ったステージは8mと小さすぎました。会場のLEDを10mに変更し、記者会見までに完了させるようスタッフに要求しました。これは本当に容易ではありませんでした」。グループの力を信頼しているからこそこのような任務を安心して任せることができるのであり、努力してベストな場面を映し出すのです。これらの経験を心に刻み、重要な養分に変えて次のガマニア20を育てるのです!

▲AhbinとIonaは馬の合った様子で話し、ともに次のガマニア20に期待する

Read more
September 30, 2016

ミレニアム1『ドラゴン・タトゥーの女』

リスベット・サランデルは一匹狼の女ハッカー。幼い頃に精神分裂症と診断されて障がい者となった彼女は、やせ細って肌は青白い。信頼を寄せていた法定後見人が突然脳卒中で倒れ、新たな後見人からいじめと迫害を受けるが、暴力には暴力で立ち向かう姿勢で奮闘し、強く大きな父権制に抵抗していきます。いつもパンキッシュなファッションに身を包み、眉と鼻にピアスをあけ、右肩にはドラゴンのタトゥーのある彼女は、束縛を嫌い反抗しているようでありながらも焼けつくように熱く愛を渇望しているのでした! そして真相を暴く記者のカール・ミカエル・ブルムクヴィストは、企業家のヘンリック・ヴァンゲルの委託を受け、家族の歴史を執筆するとともに、親戚のハリエットが40年に失踪した一連の謎について調査します。ミカエルは情報収集のために凄腕ハッカーであるサランデルを雇います。生死を分ける危機と脅威のもとで、ふたりの間に奇妙な友情が芽生えます。彼らの間にはゴールデンタイムのような男と女の間の恋など全くありません。あるのは、北国の厳しく寒い風景のもとで、スリリングで緊張した雰囲気を隠しつつ織り交ざってできた、思わず息を殺してしまうような、一秒たりとも目を離すことができない緻密なストーリーです。 大きな映画ブームを盛り上げ、H&Mと業界を越えてコラボレーションする。 『ドラゴン・タトゥーの女』は、スウェーデンの作家スティーグ・ラーソン(Stieg Larsson)の推理小説で、2006年には北欧で最も優れた推理小説に贈られるガラスの鍵賞を受賞しています。小説全体がまるでクモの巣のように綿密に構成されており、クライマックスによりもたらされたエンターテイメント性に満ちあふれ、読者を繭から糸を剥がし取り残酷な真相を見つけるよう導いていきます。作者の躍動感がありかつ精彩を放つ文章は、読むのを止めずに分厚い一冊を一晩で読み終えてしまいたいと思わせるほどです。そしてこの非常に人気を集めた小説は映画化されたこともあります。スウェーデン版と有名監督デヴィッド・フィンチャーによるアメリカ版があり、アメリカ版のスタイリストTrish SummervilleはH&Mとコラボレーションしてサランデルのユニセックスなパンクロックファッションをリリースし、大好評を博したこともあるのです!スリリングな推理小説が好きな方と、女性主義の思考をもった新しい女性にオススメで、一旦本を手に取ったら、ラーソンが描く厳しい寒さと凶暴の不思議な世界にどっぷりとハマってしまうことまちがいなしです! 画像引用元:  https://goo.gl/3hefo5  https://goo.gl/64jHfF

ガマコラム ガマニア推薦
September 30, 2016

Jollywiz「JSTaiwan」が新たな台湾式アフターヌーンティー:逸品スイーツ-牛軋米餅を発売、共同購入の風潮を引き起こす。

▲夏に別れを告げ、初秋を迎える。やんわりとした涼しさがおいしい知らせを連れてくる。焼きたてのほろ酔いキャラメル色の最もすばらしい瞬間で時間を止め、私たちの午後の時間を舌で記憶する。 他とは違うお米スイーツ、JSTaiwanにあります! 「吉」には「美しい、幸福な」という意味もあります。【JSTaiwan】は真摯な気持ちで台湾のおいしいローカルグルメを発掘し続け、さらには台湾の匠人とコラボレーションし、オリジナリティある地方の特産品を販売してきました。「ブラックパイナップルケーキ」、「果実ごろっとヌガー」、「牛軋米餅」…といった精緻な台湾式アフターヌーンティーにより、台湾の肥沃な土地が生み出した純粋なおいしさをより多くの方に味わって頂けることを願っています。JSTaiwanでは、台湾のおいしい食べ物を見つけることができ、よい事が続き、幸運が舞い込むようにします! 大自然の緑のすがすがしい香りを玄米の香り漂う四角いビスケットの中にとじ込めました。ひと口食べるとサクッと感が口に広がり、そこに柔らかくてクリーミーなヌガーを織り交ぜ、ネギとお米が絶妙に組み合わさります。すばらしいスイーツにおける新たな賢い選択です。 牛軋米餅には大きく「ネギの風味がよい、お米が香る、砂糖が濃厚、ビスケットのサクッと感」という4つの要素があります:【ネギの風味がよい】三星ネギ-本物の素材の香りを引き出し、ひと口食べるだけで口の中に香りが留まります。【お米が香る】五結玄米-食物繊維と栄養素を大量に含んでおり、ビスケットをさらに健康的にするだけでなく、さらにサクッとさせます。【ビスケットのサクッと感】四角いビスケット-全部で54もの層が積み重ねられており、1枚あたり27層の黄金比率になっています。【砂糖が濃厚】ヌガー-口の中で歯にくっつくことがなく、甘くおいしい味わいと濃厚なクリームが忘れられなくなります。 おいしいもの、それは私たちの究極の追求です。発売から1ヶ月足らずで5,000箱以上を売り上げ、非常にご好評頂いています。ネットで共同購入をしているCandyは言います:「試しにと思って食べてみてください。袋を開けるとすぐにかすかなネギの香りがして、サクッと柔らかくて硬くないビスケットと、柔らかいのにしつこくなくさらっとしたクリームをひと口で食べ、そこにかすかなネギの香りが加わると、口全体に言葉では言い表せないような食感に包まれます!でもおいしいのです!」各方面からの反響を受け、JSTaiwanでは絶えず改善と研究開発をし続けるという気持ちを持ち続けてきました。近日中に牛軋米餅の新パッケージのセットを発売予定ですので、どうぞお楽しみに! 購入HP:http://goo.gl/sZKeU2

TW ガマニュース
September 30, 2016

2016中秋パーティー、月は丸くガマニアは団結する

今年の中秋パーティーは9/9に淡水の八里雷朗極限探索園で開催されました。夕方の大雨により進行のペースは乱れたものの、ガマニア人の興味が薄れることはなく、相変わらずのアツさでした。それでは『G!VOICE』とともにすばらしいこぼれ話を振り返りましょう! 大型泡プール 夢か幻のようでもあり非常に涼しい もうすぐ秋とはいえ、まだ焼けるように暑い日が続いています。会場に大型の泡のプールが搬入されると、白く細かい泡はまるで神秘的な魔力を持っているかのように大人と子供を引きつけ、プールの中で一緒に楽しみました。新しいだけでなく非常に涼しいものでした。 ▲泡のプールでは大人も子供も思い切り楽しんだ 主催者は今年も同じく参加者のために非凡でおもしろい一連のイベントを準備しました。今年のメインの戦場といえばもちろん泡のプールでしょう。ガマニア人たちは家族と一緒にチームを作り、賞金は二の次で、チームの勝利のために戦いました。遊ぶことに関しては常にまじめであり続けてきたガマニア人は、たとえロマンチックな泡のプールであっても絶対に手を抜くことなく、全力で立ち向かいました! ▲フラフープリレーは濡れて滑る泡のプールの中ではより困難に ポケモンが登場 イベントはクライマックスに この他にも、最近「アイテムゲット」ゲームが大人子供を問わず流行していることから、主催者は「ポケモンを捕まえろ」イベントを準備。福利厚生委員のスタッフがポケモンのキャラクターに扮して登場して歌とダンスを披露すると、多くの人々の視線を引きつけました。 ▲長い間みんなが待ち続けていたポケモンの登場でイベントはクライマックスに 毎年中秋パーティーではたくさんの飲み物とごちそうが供されます。家族や同僚と心を尽くして共に楽しむ。この中秋という美しい季節に祝福を捧げ、月を観るだけでなく、さらに重要なのはみんなが一緒に集まり、下半期のために共に激励することなのです。最後にはきらびやかで美しい花火が今年の中秋パーティーに美しいピリオドを打ちました。

TW ガマニュース
September 30, 2016

楊樺:ニュースであなたの世界を構築する

目で見るのが一番正確 ニュースの写真を見る、目を見るのが一番正確だ。ニュースの取材をするのなら、目で見るのが一番正確だ。楊樺は頑固な新聞現場主義者で、「戦争の最大の犠牲者は真相だ」と言います。たとえ前線に行ったとしても、争いが生じた原因は往々にして見ることはできません。ではどうして記者は自分の理想をあきらめ、少しでも真相に近づこうと努力しないのでしょうか? ノルマンディーの上陸については、どの戦争記者も知ることがなかったようです。唯一の写真は、ある原因により非常にぼやけており、仮にあなたがそれで作業をしても失敗してしまうほどです。しかしそれは作業ではありません。それは歴史です。それは人類のためにあの瞬間の人間性を凍りつかせたのです。目で見る、写真の中の目を見る、そうするとより多くのことが見えてくる。 あなたはどれだけ現場の近くにいますか? ある戦場カメラマンは言いました。「あなたが十分うまく撮れなかったとしたら、それはまだ近づき足りないからだ。」この言葉にはTVBSの野心が明確に表れています。去年初頭、TVBS戦場記者2名がそれぞれヨルダンとトルコから戦地に入りました。4年間内線が続いているシリアとクルド人を含むこのシリーズは『人道と正義:中東の戦火線をゆく』という名前です。その中には戦火により破壊されたシリアや、様々な国に保護を求めて流出していった難民たちの姿があります。難民たちは故郷を離れる辛さや家族を失った苦しみに耐えなければならないだけでなく、様々な差別を受けるかもしれません。これらは、現場に行かなければ、見ることはできないのです。あなたが現場に行くのは非常に難しいことでしょう。だからTVBSの記者が行くのです。 なぜ行かなければならないのか?それはこの世界の様々な事件を明らかにし、あなたに世界が毎日変化しているのだということを知ってもらうためです。私たちにとって快適なことは往々にして他人の快適でないところからきており、ひいては苦痛ですらあるのです。現場により近いからこそ、世の人々に知らしめるためにこの情報を持ち出すことができるのです。この他、記者たちは現場で希望を見つけ出すことをさらに願っています。中でも子供の笑顔は最もプライスレスなものです。 合理的であることは、不合理である 一般的に合理的な行為は戦地から離れていることでしょう;しかし戦場記者にとっては、他人が撤退した時にこそ前に突き進む必要があるのです。このような不合理な行為こそが、適格な戦場記者にとっては合理的な行為となるのです。そのため『不合理な行為』を見られることを強くオススメします。この不合理において、戦場記者が自らの人生と家庭、ひいては命をも捨て去るのは人間性に呼び寄せられ、多くの時を記録しなければならないからなのだということが分かります。 あなたの戦場はどこにありますか? 戦争している現場だけが戦場というわけではないのです。現在の世界では、環境、気候、教育、文化、貧困のすべてが戦場です。楊樺はみなさん自ら行ってみることを強く推奨しています。戦場記者に加わる情熱がなければ、NGOという役割により赴き、自分の世界観を覆すのです。一度この残酷な「戦場」を渡り歩き、自分の国際的な感覚を新たに構築し直すのです。このような過程においては非常に多くのことが思考すべきであると言えます。例えば:あなたの国際的な感覚はどの国の主観と目線により構築されたものなのか? 存在する場合にのみ、音がある 最後に楊樺は、彼の最大の望みは、ニュースの専門性と台湾人の勇敢さにより、国際社会に台湾の戦場ニュースの存在を無視できなくさせることだと言いました。それはまるで当初CNNとロイターでさえも振り返って彼に写真を求めたかのように。なぜなら彼にしか捉えることができなかったからです。では彼とは誰なのでしょうか?他は楊樺、台湾の戦場記者。彼は、国際社会において台湾に音を持たせたのです。

TW ガマニュース
September 30, 2016

ガマニア人新生活を実践 多元化された空間を共同で創り出す

仕事は生活の一部分であり、すでに新しい生活観念と雰囲気が徐々に生まれて変化を始めつつあり、空間の中ではガマニア人の多元的な仕事文化が確かなものとなっています。各ユニットは個々に例えばブランディングセンターや人間工学デザインスタジオCiircoといった巧みな構想を持っています。様々な仕事のパターンに対応するために、相応の空間モジュールを派生し、さらには新しい形態のオフィス空間を生み出します。 ▲ブランディングセンターのidea kitchen 1Fにあるブランディングセンターは、各所に驚きと喜び満点のハイライトが満載で、中央通路にあるピクニックソファーエリアは、スタッフたちに即席のディスカッション空間を与えてくれます。そして文学的な雰囲気に満ちあふれたidea kitchenに身を置けば、まじめに仕事をするだけでなく、リラックスするための調整もでき、さらには想像力と創造力をかき立てることができるのです。お客様をお迎えすると同時に、ガマニアのクリエイティブ空間についてハッとするような印象を与えることでしょう! Ciircoはまず休憩の空間と仕事の空間を融合させる方法を実践しました。COOのMichelleはスタッフたちの効率をアップさせることができる仕事のパターンを共有し、「ポモドーロ・テクニック」の概念を例にあげて言いました。注1:「1つのポモドーロを25分に設定し、この25分間は1つのことだけに集中して、他の事に気を散らすことなく、完了後は5分間休憩する。これを4回繰り返します。」Michelleが強調したのは、ポイントは5分間の休憩時間にあるということです。休憩空間には集落方式の分布によりデスクから遠くない場所でリラックスした雰囲気を創り出し、5分という時間を有効利用して仕事から隔離して、休憩の効果を得て効率をアップさせるのです。 高度な融通性の応用、空間の柔軟性を留める。 人間工学の開発、研究からデザイン、運用までの一連の生産ラインにおいて、プログラミング担当には高度に集中すること、営業担当には絶えることのない会話とコミュニケーション、そしてデザイン担当には環境を介して互いにインスピレーションをかき立てあうことが必要です。三者の仕事の方法は非常に違いが大きいため、環境において柔軟性を造り出すことが求められました。そのためMichelleはオフィスに「Flexible」というキーワードを与えました。それはすなわち将来空間が柔軟性と融通性を留めているようにすることで、スタッフたちがコミュニケーションをしながらも互いに干渉しないようにし、さらに共同のイベント空間で交流できるようにすることでもあります。 ▲ Ciirco による休憩とミーティングが結合されたフレキシブルな空間 人の行為を育てるのは空間ですが、人は環境を育てることができます。すでに新しい仕事文化が蔓延し始めており、異なる性質のものを併せ持つ「新たな生態」を派生しつつあります。将来ガマニア人は時代の変化に対応し、共創共生し、エネルギーを集中させて、すべてのエコロジカルネットワークの新たな未来を切り開きます! 注1:ポモドーロ・テクニック(Pomodoro Technique)は、1980年代にFrancesco Cirilloにより考案された。

VOL. 75 ガマフィーチャー
September 29, 2016

なぜグランドがAppleのおいしいところを持っていくのか?!

この文書を書いた日に(2016/9/7)、Apple iPhone 7の発表会が行われました。勿論、ソーシャルメディアでのニュースは正反論の一方でしたが、私は気付いた面白いところは両方とも製品に関係ないところでした。但し、上手く話題性を利用した他社ブランド名がiPhone 7の議論中に現しました。その中、iPhone 7の機能の斬新さ、進化を問わず、Apple社を揶揄うと同時に、自社ブランドをアピールした例もありましょた。 羨ましくなくても一秒でiPhone 6をiPhone 7に変身。 iPhone 7が発売する前に、最も噂になったのはイヤホンジャックの廃止でした。「本当に廃止になるか。今まで使ってきたイヤホンを海に捨てるのでしょう。」などの議論もありました。 ▲やはり、iPhone 7が3.5mmのイヤホンジャックを廃止し、Lightning端子を使用 やはり、iPhone 7がイヤホンジャックを廃止し、Lightning端子を使用したEarPodsを開発しました。そして、3.5mm変換アダプターの両方が付属することで、従来の問題を解決したのです。(或いは電動歯ブラシに揶揄われたEarPodsを使っても良いのです。)但し、こういった解決方法が世論を抑えることができませんでした。 ▲変わった外見のAirPodsは電動歯ブラシに似ていると揶揄われた。

ガマコラム セールストレンド