ico_gvoice

ガマフィーチャー

携帯電話の安全防御ラインを張る:果核

携帯電話の安全防御ラインを張る:果核

トレンドマイクロが最近発表した「2015年第一四半期情報安全レポート」によると、モバイルデバイスの最大の脅威はスパムであると指摘されています。また、統計によると、今年3月のGoogle Playで2,000件を超えるマルウェアである可能性を含むAPPが報告されました。 ほぼ一人一台携帯電話を持つ時代に、スマートフォンは便利な生活をもたらしつつ、悪意のある人間が私たちのプライベートをのぞく媒体にもなっています。こうした悪意ある人間が頭を使ってAPPダウンロードプラットホームに入り込み、予測不可能な危険が潜む中、人々はモバイルデバイスの安全を重視せざるを得ない状況となっています。

more
ブランドのインターネットSNS力を生み出す:蟻力

ブランドのインターネットSNS力を生み出す:蟻力

SNS時代、ブランドが急速に影響力を発揮しようとする場合、最良の方法はSNSを通じてシェアすることです。しかし、どんなコンテンツをシェアすればよいのでしょう?ブランドは消費者の習慣からいくつかの問題を考えなければなりません。消費者はどんなコンテンツを見たいか、また、消費者にシェアしたいと思わせるコンテンツとは何か?SNSの力をフル活用するには、消費者をより深く理解し、上述の問題に対して徹底した見解が必要です。誰が最も消費者を理解しているでしょうか?消費者を最も理解しているのは、消費者が最も頻繁に接触している相手かもしれません。その点で、蟻力は優位にあります! 消費者を最も理解するチーム 人が集まり、SNSが生まれる。インターネットは新たな媒体にすぎず、ソーシャルネットワークメディアの台頭、インターネットプラットホームサービスにより、消費者は異なるテーマ、異なる対象と大量に接触し、ネットの世界に対応しています。

more
電子マネーの革命家:GASH

電子マネーの革命家:GASH

みなさん想像したことがありますか?目を開けて新しい一日が始まり、家を出てバスや電車に乗って通勤、ショッピング、食事、すべてが携帯電話一つで済む。これからは重い小銭、分厚い紙幣、さらにはどの銀行かもよく分からないカードまで、一切携帯する必要なく支払ができる。これは未来のことではなく、現在進系なのです! 実体貨幣からプラスチックへの革命はすでに終わり、そして今!GASHが私たちのライフスタイルを180度変えるほどの電子マネー革命を巻き起こします。 GASHの変化:ゲームポイントから電子マネー

more
クロスボーダーeコマースの秘密を公開:jollywiz

クロスボーダーeコマースの秘密を公開:jollywiz

昨年11月、中国、台湾のルート及びeコマースに精通し、これまでに数々のサービス企業大賞を獲得してきたjollywizデジタルテクノロジーが、グループに新たな戦力を注ぎ、グループの一大重点事業体となるべく、正式にガマニアグループに加わり、ガマニアの版図を拡大しました。 jollywizとガマニアの関係 jollywizとガマニアグループにはとても深い関係があります!jollywizの創設者Kevin氏は、かつてガマニアファミリーの一員でした。2005年にガマニアを去った後、約10年間外の世界で努力を重ね、創業の苦労を越えて、ついにeコマースの分野においてポジションを確立しました。

more
創業者の共生と共創:WeBackers

創業者の共生と共創:WeBackers

一人では達成できない夢も、あなたのプランを提出して、みんなの力が集まれば達成することができるかもしれません。近年台頭したクラウドファンディングは、資金を必要とする人とスポンサーをマッチングする役割を担っています。夢を抱き、アイデア、独創性にあふれながらも、資金不足に悩む多くの人たちのプラン実現をサポートします。海外でのクラウドファンディングの人気ぶりはというと、案件数がうなぎのぼりですが、資金の分散という状況もまた、成功率を年々低下させ、昨年はさらに下降し、4割を下回りました。台湾では、資金がさらに集中し、平均40%から50%の成功率で、台湾のクラウドファンディングの最大優勢の一つとなっています。 夢を叶えるサポーター:WeBackers 台湾での大きな優勢の下、インターネットフラグシップ企業をうたうガマニアは何ができるでしょうか?昨年、社内起業制度によって誕生したWeBackersは、現在のクラウドファンディングのモデルを拡大し、ブループ内部と外部の産官学の資源を統合することで、これらの資金募集に成功した計画が大きく膨らむようサポートしています。資金募集は単なる資金を得る流れにとどまらず、ルート、製造、マーケティング、戦略的パートナー等、後方の資源を燃料に、これらの夢を十分な原動力によって実現し、資金募集案件の成功率を大幅に高め、ひいては、本来の計画よりもさらに素晴らしいものにします。スポンサーもまた、クラウドファンディングで多くのスポンサーの注目を集めている、高師大の3人の学生が製作したアニメとキャラクターIP設定のモデルといったような、様々なユニークで斬新なアイデアを見つけることができます。

more
PREV NEXT
2014.08.28

ガマニアのデラックスなネットワークリソース

ガマニアのデラックスなネットワークリソース ガマニア人なら誰でも毎日の仕事にネットワークリソースの一部を利用していますが、自分がデラックスなサービスを受けていることを知る人はいません。ガマニア人を支えるデラックスなネットワークリソースとはいったいどんなものなのでしょうか?グループの企業情報技術部のデータをもとに、『G!VOICE』でご紹介しましょう! デラックスその1:ネットワーク共有スペースは32TBの大容量 \\gfs01と\\gfs02というガマニアのネットワーク共有スペースは、全員が毎日ファイル交換を行う心臓部となっています。ファイルを転送する場合、共有ネットワークスペースを利用するだけで転送が行えます。ここで誰もが疑問に思うでしょう。どんなに大きなファイルをネットワークスペースに置いても、スペースがいっぱいにならないのはなぜか?実はいっぱいにならないのではありません。32TBという超大容量のネットワークストレージスペースを設けているため、手軽にファイルを他人と共有することができるのです。 デラックスその2:帯域幅は転送速度がいずれも100MB以上 帯域幅については、現在ガマニアではアップロードもダウンロードも100MB以上というVIPクラスの速度を実現しています。ネットワークの帯域幅は一本の高速道路にたとえられます。広い道路ではガマニアの車だけが高速で飛ばしており、他の車が車道を遮ることはありません。帯域が足りなければ随時調整して、100MB以上を実現します。デラックスなVIP待遇は、多くの企業の羨望の的となっています。 デラックスその3:メール送信のサイズは無制限 ファイルサイズが大きすぎて、ファイルを送るのに何通ものEメールに分けて添付していたガマニア人もいるのではないでしょうか?あるいは社外のメールボックスを利用してサイズの大きいファイルを送るしかない場合もあったのでは?ガマニア人はこうした問題に長い間悩まされてきたことでしょう。しかし、今年の6月から、メールの送信にサイズの制限がなくなったのです!相手のハードディスクに余裕があり、メールに添付のファイルを受け取れる限り、メールを無事に送信することができるようになりました。 ガマニアのネットワークリソースのすごさとは これまでガマニアのネットワークリソースはデラックスだとアピールしてきましたが、いったいどれほどゴージャスなものなのでしょうか?企業情報技術部から最新のデータが『G!VOICE』に届いています。これを見ればそのすごさは一目瞭然です! Internet帯域幅 ▲(表一:ガマニアと他企業とのネットワーク帯域幅データ比較表  統計:2011年6月15日) 『G!VOICE』:ガマニアの帯域幅はアップロード、ダウンロードとも100Mbpsで、他者と共有しないVIP専用回線となっています! メールボックスのサイズ ▲(表二:ガマニアと他企業とのメールボックス容量比較表  統計:2011年6月15日) 『G!VOICE』:一般のガマニア人のメールボックスでさえサイズが他企業を大きく上回っており、マネージャー以上の管理職にいたっては、さらにVIPクラスの超大容量となっています!

VOL. 38 ガマフィーチャー
2014.08.01

ガマニアのフラッグを掲げてスパート! ガマニア人+ ガマニアフラッグのBest Moment

遊び好き動くの大好きなガマニア人は、プライベートでもスポーツについて本当に「サークル」で行うのが好きです。それがマラソンでも、百岳登頂でも、日月潭横断遠泳または各種大会等であっても、賑やかなことが好きなガマニアの仲間たちは一緒に盛り上がるのです。しかし大勢のガマニア人が大会に参加し挑戦するなら、どうして自分たちの戦旗を持っていかないのでしょうか?以下は台湾ガマニアが各種スポーツ大会に挑戦する前後に、ガマニアフラッグを掲げるBest Momentなのです!彼らの情熱と活力あふれる様子を見て、海外のガマニア人も、ガマニアフラッグを持って、世界の他の場所を征服したくなったのではないですか? ▲「21 K ハーフマラソン」はミッションインポッシブルか?写真の中のガマニア人に聞けばすぐわかる。ガマニア人がマラソンするのに怖いものはないと。 ▲玉山登頂、自転車で台湾島一周、日月潭横断遠泳は「台湾新トライアスロン」と呼ばれている。このように目標性のある大会へのチャレンジはガマニア人が当然ほっておくはずがない。写真はガマニアが「日月潭横断遠泳」に参加する前の記念写真。 ▲俗に、雪山登頂隊は、疲労しなくても障害が残るとか言われる。しかし吾らがAlbertと曲家林取締役の余裕の様子を見よ。雪山は、ガマニア人にとって一かけらのケーキに過ぎないのだ(A piece of cake)。 ▲「新光摩天ビル登高大会」は1~46階までの全部で1006段の階段を利用して、約200メートルの高さの新光人寿ビルで大会を行うもの。それぞれのガマニア人のやってやるという様子を見れば、ガマニア人はいつも18階の高さのガマニア総本部でこっそり練習していたみたいですよ! ▲ガマニア人はこの写真に絶対見覚えがあるはず、そうです、これぞAlbert、林義傑と陳彦博がガマニアチアアップ基金会のために参加した「北極大挑戦」です。この時はガマニアフラッグを持たず、三人はガマニア基金会のフラッグを持って北極に遠征に行きました。 ▲ガマニア人もよく各大手スポーツブランド主催のロードレース大会に参加します。写真は「2009 NIKE Human Race 10K」スタート前の楽しい記念写真です。     *ガマニアフラッグを持って各種スポーツ大会やアウトドアの挑戦に参加したいですか?   現在のところ使用3日前に企業マーケティング室に申請を提出しすれば、基本資料に記入し、審査が完了すれば、あなたはガマニアフラッグを背負って一緒にスパートすることができます! 使用要領: 1. 二人以上でチーム編成すればフラッグの申請ができます。 2. イベント自体がF.A.M.I.L.Y.の精神に合致していること。例:各種スポーツ大会、アウトドアイベント等。 3. イベント3日前にフラッグ保管部門の「企業マーケティング室」に使用申請を提出し、イベント終了後3日以内に返還すること。 4. 申請者はフラッグを適切に保管し、もし損壊または紛失した場合、弁償しなければなりません。 5. イベント終了後、イベント写真を添付して証拠とすること。     *ガマニアの冒険服を着て壮遊に出かけよう!   ガマニア人が各種挑戦性のイベントに参加するのを奨励するため、ブランドセンターでは特別にガマニア人専用冒険チームロゴを設計しました。ガマニア人がチームを組んでアウトドアスポーツに挑戦するなら、これを着れば、気合は誰にも負けません! 使用要領: 1. 二人以上でチームを組み、イベントユニホームの製作のニーズがあればブランドセンターに当該ロゴの使用許可を申請してください。 2. イベントがプラスのイメージのあるスポーツまたは壮遊活動であること。例:登山、自転車台湾島一周、ロードレース大会、登高大会、トライアスロン等。 3. ロゴマークの使用許可は遅くともイベント開始の一週間前までに、申請を提出してください。 4. イベント終了後、イベント写真を添付して証拠とすること。    

ガマフィーチャー
2014.08.01

傅婉怡:遊びで仕事のエネルギーを大きく!

▲GTW第一ゲーム運営部 副部長   ガマニア人なら台湾ガマニアの運営部門が常に多くの部門の中で最も熱狂的で最もすさまじく遊ぶことを誰もが知っているはずです。それはなぜでしょう?日ごろのストレスが余りにも大きいからでしょうか?第一ゲーム運営部副部長の傅小怡(傅婉怡)はそれを否定します(事実は確かにそうなのですが)。そして『G!VOICE』に教えてくれました。「熱狂的な遊びは仕事のエネルギーを大きくするためです!」   遊びと仕事について、傅小怡の考えは「もっと真剣に遊び、真剣に生活」です。     熱き血潮を燃やして達成感を得る   仕事については、どのプロジェクトでも彼女自身とチームが全力で課題に取り組むといいます。それは辛い道のりであり、乗り越える課題は細かく厄介なことばかり。しかし全員が1つの目標に向かって取り組む雰囲気は感動と深い印象を与えてくれるものです。彼女は笑いながら言います。「一人が熱血でも仕方ありません。グループの熱血を燃やすことで一番達成感を実感できるんです!」   遊びという点では、彼女もできるだけ仕事の合間を縫って遊ぶ時間を捻出しています。ある年のガマニアフェスティバルでは、チームと『ブライトシャドウ』(モンスターをテーマとしたゲーム)を運営していました。 「部門を総動員してオフィス全体に大型のお化け屋敷を設置しました。剣湖山のお化け屋敷にも劣らない規模でした。同僚は全員モンスターに扮して、オフィス中の電気を消しました。オフィスのドアを迷路の入口のようにして、黒い布でドッキリのルートを作りました。それが何と会社全体の評判になって、ガマニア人が押し寄せたんです。」この「モンスターラビリンス」を企画したのが鬼才・傅小怡でした。     遊びの気分でひらめきを得る   仕事をする上では、傅小怡も遊びの気分でひらめきを得ることを望んでいます。「Brainstormingが必要な時にチームを外のCafé Shopに連れて行くのが特に好きですね。誰もがリラックスできるし、縛られない気持ちで話し合いができます。実は運営のいいアイデアもその時に生まれることが多いんです。」   アイデアを考えたり新しいやり方を試したりしながら、傅小怡はそれも一種の遊びだと感じるようになりました。他人がやったことのないことや面白いことを考えたりやったりすることで、彼女には仕事でのチャレンジ精神と興奮が生まれてくるからです。「私にとってガマニアでの遊びと仕事の姿勢はシンプルです。仕事では全力で栄誉を追い求めます。遊びでは楽しく大笑いして、次の厳しい戦いに備えてエネルギーをしっかり蓄えます。」 ▲傅小怡と運営チームは台湾大学総合体育館の「開拓漫画祭」で新作『ディビーナ』のプレイヤーイベントを準備。   ▲当時『ブライトシャドウ』を運営していたチーム。傅小怡は仲間たちとゲームのモンスターに扮してガマニアフェスティバルに登場。     ▲今年の忘年会ではチームを率いて好成績を収めた傅小怡(左)が2010年度の「Gama Star」を受賞。  

ガマフィーチャー
2014.08.01

ガマニア人以外の遊びと仕事

ガマニアにはユニークな遊びのスタイルと仕事の哲学がありますが、外部の方の目にガマニアの「真剣に遊び、真剣に生活」はどう映るのでしょうか?   ▲台湾外展教育発展財団 CEO 廖炳煌(Ping Huang Liao)     ガマニアの仕事を語る―「ロープ降下で極限に挑戦する教育トレーニング」   教育トレーニングを通して社員の気持ちをまとめようという国内企業は多くありません。普段ガマニアのトレーニングをお手伝いする上で、プログラムに求める内容には普通の企業よりもアイデアとチャレンジにあふれていることがわかります。例えば台湾の花蓮パークビューホテルの16階からロープ降下する管理職トレーニング、18mのジャンプ台に挑戦するガマニアベアーズのアドベンチャーチャレンジキャンプです。ガマニアが求心力を非常に重視しているのがよくわかります。危険に打ち勝つ勇気と決意であらゆる仕事に臨むのです。   ▲卡爾吉特 ブランドチーフディレクター 羅正剛(Steven Luo)     ガマニアの仕事を語る―「数え切れぬ提案、ベストでなければ首を縦に振らない」   ガマニアとは2度の空間プロジェクトで協力しました。2006年9月のガマアイランドの企画ファイルを振り返ってみると、デザインプランだけでも6プラン、透視図は合計85枚、施工図は数え切れないほどありました。材質パネルは3点、家具も3点でしたが最後に選んだのは4点目のもので……ガマニア人はそれぞれのデザインの細かいところまで丁寧にチェックしました。遊び好きのヒストリーボードの内容を充実させるため、ガマニア人は3ヶ月も前から倉庫のケースや棚にある製品を1つずつ整理して記録し、陳列展示にふさわしい製品を選んで、慎重なレイアウトに取り組んでいました……こんな些細なことからもガマニア人の完璧を求めるこだわりと仕事に対する厳しい姿勢を強く感じることができました。   ▲TNSテイラーネルソンソファーズ リサーチチーフディレクター 邱清儒(Jack Chiu)        ガマニアの仕事を語る―「まともな退勤時間なし」   ガマニアとの会議時間の設定からなじめないものがありました。皆さんとても忙しくて、割と遅い時間に設定しなければならない場合もありました。一番遅かったのは6時だったでしょうか。会議を終えて自分のオフィスに戻ったのは9時すぎ。当時のガマニアの方たちはまだ明かりをつけてがんばっていたと思います。特定の日に会議をするのを避ける顧客もありますが、ガマニアにタブーはありません。クリスマスイブ、バレンタインデー、忘年会当日でも、招集がかけられたことがあります。ガマニアでは出退勤の区別はありません。祝祭日の休みもありません。脳みそを絞る機会はしっかり逃さないのです。   ▲統一翻訳社担当者 康舒婷(Mikan)     ガマニアとの仕事を語る-「歓びに満ちた会社新年会」     ガマニアと仕事をしてきた6年間、様々な案件の中にガマニアの気配りが見て取れます。ガマニアとのやり取りは全て調達部門を通しますが、連絡に壁となるようなものはありません。部門の要求は全て箇条書きで明確に書き記されているので、ガマニアの案件に対する気配りと重視のほどがすぐに分かります。   ガマニアは私が手掛けたお客さまの中で顧客と業者との間の繋がりを重視する数少ない会社の一つです。毎年特別に新年会を開いて業者を招待して交流します。会社が成功するには自らの努力だけではなく、互いに助け合いながら協力することが成功の鍵です。ガマニアがこれほど短い間に台湾で大活躍しているのも十分に考えられることです。     ▲ENGINES ゲーム開発ディレクター 福井 智章;ENGINES 取締役&製作 足立靖     ガマニアとの仕事を語る-「ものすごい勢いと細かい部分での協力」   福井:今、ちょうどガマニアと提携してiPhoneプラットフォームを含んだ『HERO:108』シリーズのミニゲームを開発しています。提携の過程で、ガマニアはステージのデザインとプロデュース、データ管理、翻訳などの作業を分担し、私たちに色々と協力してくれました。QAチームはテスト中、各アクションの発生時間などの細部を確認してくれるなどゲームのクオリティ向上に大いに力になってくれました。ガマニアが『HERO:108』に関する膨大な資料の量を整理し、また迅速に翻訳をしてくれたおかげで、ENGINESはゲームのクリエイティビティの部分に集中することができました。ガマニアのサポートがあったお蔭で全体のクオリティがスピーディに向上しました。ガマニアのプロフェッショナルなサポートに感謝しています。   足立:ガマニアとの提携はいつも非常に「刺激的」で、またちょっと「奇妙」です(こう言うとちょっと違うかなという気もしますが、最大の敬意をもってこう言っています)。Albert社長に提案をする時、Albertはいつも、「それはとても面白い!素晴らしい!」など、簡単明瞭な評価をしてくれます。一方ではまた経営者として鋭い指導もしてくれます。Albertの力強い強烈な勢い、熱情、正確な経営感覚こそ、先ほど触れたENGINESにとっての「刺激的」で愉快な感覚なのです。そして「奇妙」な部分についてですが、ガマニア人の一人一人は皆とても個性があるのです。私はそのような感じが大好きです。ガマニアと提携して行う一つ一つの仕事を引き続き完成させて、Albertと皆さんの熱情と勢いに負けないように頑張ります!   ▲フリークリエイター兼フロッグカフェ創設者 楊明晃(蛙大)      ガマニアの仕事を語る―「よく遊び、台湾をこよなく愛する」   ガマニアCEOのAlbertや多くのガマニア人と一緒に2回ほど台湾の高山に登りました。ガマニアはゲームには強いものの、登山となると1日中パソコンの前でGameばかりやっているような人間には荷が重いと思っていました。ところが、大人数のチームが全員雪山の山頂にまで登ったんです。1人の脱落者もいませんでした。それからというもの、いつもガマニアの遊びの会員メールが届きますが、メールのタイトルは山登りだったり、サイクリングだったり、台湾自転車一周だったり。こうした遊びのイベントは台湾全土の山や海に広がっています。私のような台湾を愛するプレイヤーにとって、ガマニアにはいいね!を送らざるを得ません!   ▲ガマニアCheerUp財団イメージキャラクター 陳彦博(Tommy Chen)     ガマニアの遊びを語る―「忘年会にスターは不要」   ガマニアCheerUp財団のイメージキャラクターになった関係で、ガマニアの忘年会に毎年招待していただいています。一番深く印象に残るのは、1000人近い一大イベントにも関わらず、スターが来て盛り上げる必要がないことです。ガマニアの仲間たち自身が最優秀主演男優であり女優だからです。ガマニアの忘年会で毎年披露される出し物やパフォーマンスはどこの大イベントにも負けていません。その上ガマニア独自のスタイルや個性を存分に発揮して、気分も一気に盛り上がるんです!   ▲イーグルミュージック有限会社 CEO  李亜明     ガマニアの遊びを語る―「そばにいるだけで若返る」   遊びにまつわる健康も不健康もガマニアにはあります。唯一変わらないのはガマニアではいつも精根尽きるまで遊ぶということ。体力、気力、精力、意志、どれも欠かせません!ガマニアではいつも上から下までイベントで徹底的に遊び尽くす様を目にします。CEOを始めどの社員もとてもEnjoy。若いっていいなあと思います。いつもスタミナとアイデアがつきなくて。ガマニアの社内イベントに参加するたびに若返っていくのを感じます。ガマニアでは何年か台湾自転車一周に取り組んでいて、これも心身を健康にするイベントです。また自己鍛錬にも最高の方法です。最初は半世紀も年を取ったのに台湾一周に担ぎ出された私ですが、これもわが親友Albertとガマニアに感謝!   ▲ガマニアイベント御用司会者 林志彦(Jerry)     ガマニアとの仕事を語る -「司会者も水に落とされるんです」   初めてガマニアと仕事をしたのは、ガマニアの2005年の運動会の司会者をした時でした。その時、社員が最高経営責任者のAlbertを担ぎ上げて阿魯巴(アルバ:日本の電気あんまに類似した行為)したんです。本当に驚きました。ゲーム会社はこうやって遊んでいたのか、と思いました。次の中秋節のパーティーでは、「ずぶ濡れ」がお約束で、私はただの司会者なのに皆から鬼のように水の中へ投げ込まれました。もちろん私が水に落とした人もたくさんいましたよ。そして、ゲームを作って人に遊んでもらう人というのはこうやって遊んでいるんだ、と深く理解することができました。こういったことが、ガマニアがゲームの無限の可能性を探る最大の原動力なんだと思います!  

ガマフィーチャー
2014.08.01

饒敏瀚:我々の仕事は「意識的」なプレイ!

▲研究開発室シニア研究開発ディレクター  「ゲーム」が「遊び」に等しいとすると、ガマニアでゲーム開発を担当するRD部門では、毎日の仕事は遊びをクリエイトするプロセスであると言ってよいでしょう。ただし、こうした「遊び」はプロフェッショナルでなければならず、そのような遊びとは「意識的」なプレイなのです! 連合開発部シニア研究開発ディレクターのクッキー(饒敏瀚)は言います。「本質的に私たちの仕事は絶えずゲームに熱中することですが、プレイヤーとの最大の違いは私たちが意識的にプレイするということです。大部分のプレイヤーは私たちよりもラッキーでしょう(笑)。なぜなら単にゲームのおいしい部分を味わえばいいんですから。」 まるで楽しいアミューズメントパークのように クッキーの言う「意識的なプレイ」とは、ゲーム開発における研究、分析、実行を指します。「私たちが毎日することは限られた時間の中から「意識的なプレイ」を生み出すことです。そうした結果を手にするため、「プレイ」をプロのレベルに引き上げなければなりません。市販のゲームを細かく研究し、プレイヤーの行動や心理をシミュレートし、ゲームのあらゆるポイントをデザインします。そのプロセスはいわば楽しいアミューズメントパークの建設です。事前に研究、分析、企画、中間となるアイデアの組み合わせを行い、その過程でユーザーに生まれる感じ方を考慮し、後から有効な調整と改善を加えます。こうしたプレイは高度な専門性と計画性に基づいたプレイなのです。」 忙しい仕事は日の出まで 高度な専門性と計画性が必要なことから、部門のあらゆるプロジェクトにおいて、チームはその本質的価値観、つまりプレイの真髄を理解することに取り組む必要があるとクッキーは言います。それぞれのゲームプロジェクトのディテールとクオリティは、通常彼らが最も神経と時間を集中するところです。特にゲームがリリースされる前の期間は、さらに精神と資源を注ぎ込んで内容をチェックします。「自分が前にゲーム開発をしていたころは、ゲーム画面だけでも20数回の修正をかけ、微調整は数え切れませんでした。一番忙しかった時には、1日中1つのバージョンを調整して、会社で夜を明かしたこともありました。」そしてそれはゲーム開発者であるクッキーの製品品質に対する要求とこだわりです。 遊びが仕事にひらめきを 仕事でプロとして遊ぶことに加え、クッキーは毎週決まった時間に連合開発部の仲間と一緒にテーブルゲーム(またはカードゲーム)を楽しんでいます。ゲームのプレイに関する知識が豊富になるだけでなく、適度に気持ちがリラックスでき、より多くの創造力があふれ出るのだとか。また、別のプロジェクトにプレイできるバージョンがあれば、全員がテストプレイヤーになって、プレイヤーの観点からゲームの内容を体験し、仕事を一種の遊びに変えていると言います。 クッキーにとって仕事と遊びに最も大切なこととは?少し考えると、笑いながら答えてくれました。「集中力ですね。」仕事では集中してこそあらゆる場面に対処でき、集中してこそ創造力に実行力が伴うと言います。また遊びでも同じように集中してこそ一瞬を味わいつくすことができ、さらにその過程で自分の人生経験が豊かになって、仕事と遊びに相乗効果が生まれるのです。 ▲正式な撮影前にもクッキーは絶えずプロジェクトのデータや資料をこまめにチェック。大切な時間は決してムダにしない。 ▲連合開発部では毎週カードゲームに興じ、ゲームのプレイに関する知識を充実させる。 ▲リアルなTANNHAUSERのミリタリーフィギュアはクッキーの数多いフィギュアの中でも一番のお気に入り。

VOL. 35 ガマフィーチャー
2014.08.01

ガマニアはスポーツが好きか? グループCEOのAlbertの4問4答

G!VOICE:ゲームデーを祝うのに、ガマニアはずっとガマニア杯スポーツ会の形式で開催してきました。プライベートでもガマニア人はサークルでスポーツをするのが好きで、ガマニア人は「スポーツ」に特別な気持ちがあるようですが、一体なぜですか? Albert:実は非常に変なんです!私の記憶では2005以前は、ガマニアの文化にはスポーツという要素はありませんでした。04年末~05年初めになって、私と何人かの同僚が偶然おしゃべりの中で、突然誰かが「玉山に登頂しないか?」と言い出したんです。その時みんなはメンツのために、「いいよ」って言ったんです。言ってしまった以上、どうしようって。ただ本当にやるのみです!こうして私たちの毎年の台湾百岳登頂の行程がスタートしたんです。2006年、ガマニアはみんなの努力によってやっと3年の赤字から脱し、数年頑張り続けてきて、自分でもちょっと疲れを感じ、自分でロングバケーションを取って、旅行しようと思ったんです。しかし、自分がおととし玉山の頂上に立ってしたことを思い出しました。それは360度ぐるっと周囲を見回して、私はこうすれば全台湾全部が見られるじゃないかっておもったんですね。実際は当然だめなんですが、それから私は自分に問いかけました。どうすれば台湾をじっくり理解できるのだろうかと。その後私は自転車ツーリングの方式で台湾島一周することにしました。それから帰った後、私はガマニアの全員にその体験を語りました。これがもしかしたらガマニアのスポーツしようという雰囲気を触発したのかもしれません。 当然、私の言った意味はみんな日頃スポーツをすべきだということです。しかし普通は自分の輪の中に、会社の仲間を引き込みたくないものです。しかしこの後、私はガマニアの中の何人かがだんだん一緒に自転車ツーリングに行ったり、ある人たちは一緒にサーフィンに行ったりしたと聞いたのです。いくつかの集まりが徐々に一緒になって、ガマニア人にスポーツ好きの雰囲気が目立ち始めました。ガマニア杯の由来は実は特に「スポーツ」のためにということではなく、私は当時ガマニアもファミリーデーが必要だと主張し、スポーツも必要ではないかということで、その後福利厚生委員会に任せて企画してもらったところ今日のガマニア人お馴染みのガマニア杯になったというわけです。 実際、私はみんなにスポーツをとても奨励しています。なぜか?マクロな視点で見れば、ガマニアは青少年に非常にたくさんのエンターテイメントを提供しています。私たちのエンターテイメントはいずれもコンピューターの前にあるといえども、しかしそれはガマニアが提供する価値観が、あなたは一日中家の中に閉じこっていなければならない、一日中遅くまでこれらのゲームをしていなさいということを示しているのではないのです。私の考えは均衡した発展ということです。テクノロジーの趨勢において、現在の青少年は当然数多くのエンターテイメントはデジタル世界の中にあります。しかし私の考えはやはり時には自分をアウトドアの大自然の中に放り出す必要があるということです。これは私たちの生活で最も原始的な環境であり、さらに多くの大自然に身を任せれば、人はさらに多くの生命の体験をすることができるようになるからです。私たちもユーザーにこのように価値観を与えるべきで、社会にこのような価値観をもたらすべきなのです。そういうことで、ガマニア人がたくさん各種スポーツや、さらにはアウトドアスポーツ等に関わることは、自然と私は奨励すべきことなのです。この前私は会社の仲間とガマニアの「壮遊休暇」について検討したことがあります。私は将来会社がさらに多くの時間を使ってガマニア人に壮遊しに出かけ、さらに豊富な人生のフィーリングを理解してほしいと願っています。社員旅行休暇1か日を2日と交換する方式で申請することになるかもしれない。しかし帰った後みんなにブログで報告するか、《G!VOICE》のウェブサイトで公開することになるかもしれません。 G!VOICE:スポーツ提唱の背景に、Albertはガマニアの文化にある種の遺伝子があると考えますか? Albert:実はガマニア文化の背景に、本来非常に強烈な「挑戦」の要素がありました。このような要素がスポーツと結びついた時、あなたはガマニア人がこのような特性があって、さらに若いことと関係があることに気づくでしょう。私たちが参加するスポーツは比較的チャレンジ性のあるスポーツという傾向があります。会社は以前は特にスポーツという文化が形成されたことはありませんでしたが、いろいろな巡り会わせで、このような精神がガマニアの組織、文化の中で触発されてできたのです。 G!VOICE:私たち知っているAlbertはスポーツに挑戦することがとても好きですが、私たちにこれらの過程とこれらの過程から学んだことはなにか教えてもらえませんか? Albert:私はスポーツに挑戦する過程は、人格形成に非常に大きな影響を与えると考えています。自分の価値観にとっても、自分の人生観にとっても同様です。このような状態でなら自分の目標を探すのは簡単です。例えば登山なら、パーティー全体の行動であっても、絶対的大部分の時間、あなたは自分と対話し、あなたはすべての人の心の中にはわがままな一面があることに気づかされます。往々にして「それ」はあなたにたくさんの答えをくれ、知っていることもあなたと比べてさらに多いでしょう。その過程はとてもつらくとも、しかしあなたはつらさの代価がなんであるかがわかります。それぞれのスポーツに挑戦する時、私はとても多くの、ある程度の危険に満ちていることを知っています。しかしあなたがこの危険を受け入れ、危険を乗り越えたいと願うなら、危険の背後にある達成感を得ることができるのです。これらの過程を経た後、あなたは自分の人格が形成され、ひいてはあなたは周りの人に影響を与えることになります。私にとっては、私が会社に影響することになります。企業にとっては、この社会に影響を与えるのです。 G!VOICE:ガマニア精神=スポーツマン精神? Albert:もし私たちがまずガマニア精神について語らないとすれば、「スポーツマン精神」は実は「サイクリスト精神」や、「武士道精神」と同じなのです。これらの精神の背景にはいずれも共同という観念があります。挑戦を受け、栄光を求める。堂々と一つのことをやりとげ、一つの挑戦を乗り越えていく。この概念の下、私はガマニア文化は必ず、スポーツマン精神の概念を受け入れ、普及させていくべきだと思います。実際に、ガマニアの「F.A.M.I.L.Y.」の中には、元々これらの要素が存在していたのです。ですから、私はガマニア精神はスポーツマン精神と同じではないが、しかしガマニア精神はスポーツマン精神をも含むと考えているのです。

VOL. 37 ガマフィーチャー
2014.08.01

エネルギーに触発 ガマニアはOutdoor Sportsで遊ぶのが好き

一般企業にとって、キーとなる政策の実施は、何人かが会議室内でひそやかに話し合いを繰り返して行い、最後に政策決定するものです。しかし生まれつきアクティブなガマニアは絶対にそんなことはありません。「静かなことは動くことに如かず」の方式がすべてのボスと管理職たちの戦略会議の中で「動き」出しているのです!アウトドアスポーツを通してガマニア人の決心を触発することで、すべての人がこれから出くわすであろう様々な挑戦に勇敢に立ち向かっていけるようにするのです。 戦略会議がスポーツ大会に変身 おととしの《G!VOICE》で報道した「2009夏季戦略会議」を覚えていますか?当時ガマニアはグループキーワードの「Project 3」発動の準備中でした。そのため今回の会議においては恒例の会議の他に、さらに特別に外展基金会が設計した「4種目挑戦大会」を手配しました。 「4種目挑戦大会」の内容は何でしょうか?それは度胸を試され、チーム団結的を訓練する「高低空綱渡り挑戦」と「50メートルビル垂直下降」、さらに体力、チームワークが必要とされる「7キロメートルロードレース」と「いかだ渡し」等です。活動前から、多くのガマニア幹部は自分の体力に自信がありませんでした。大会の過程は、みんな呼吸も荒く、しかし4種目のアウトドア大会が始まるや、ガマニアのそれぞれのボスたちはみな異口同音にこう言いました。「これらの活動はチームの重要性を理解されるだけでなく、みんなの「Project 3」への決心を触発させた」と。実際、今からおととしの夏季戦略会議を見ると、「4種目挑戦大会」はガマニアの各ボスたちに精神鍛錬において多くのメリットがあったことがわかります。 ▲2009戦略会議での「4種目挑戦大会」はそれぞれ「7キロメートルロードレース」、「高低空綱渡り挑戦」、「50メートルビル垂直下降」、「いかだ渡し」で、もちろんスポーツのチャレンジ大会となった。 基金会ボランティアの訓練、上に山り海に下りなんでもあり ガマニアは戦略会議だけでなくスポーツにも「一生懸命」です。自社の基金会でも毎年Summer Schoolイベントを開き、「アウトドアスポーツ」も青少年ボランティアたちの必修課程となりました。Summer Schoolを卒業したボランティアは、外展基金会が手配する自己啓発の課程に参加する以外に、体力と忍耐力を搾り出して挑戦する「雪山登山、沢登」といったアウトドアスポーツにも行きます。ガマニアがなぜこんなに積極的にアウトドアスポーツを奨励するには、他でもなく、自分でボランティアたちが過程を経て意志を鍛えチームの重要性を理解させ、ひいてはそれぞれのエネルギーを向上させてほしいと願うからです。 ▲基金会のボランティアは「登山。沢登」等目標性のあるアウトドアスポーツを通して成長を遂げた。

VOL. 37 ガマフィーチャー
2014.08.01

曾偉人:仕事と遊びはすでに交じり合っていた!

▲クリエイティブセンター コンセプトデザイン 偉人は2001年にガマニアに入社する前、オーストラリアのディズニーに6年いました。台湾に戻ってからは2年余りアニメデザイナーをしていましたが、新しいことへのチャレンジを思い立ちました。ちょうど模型も小さいころからの趣味だったことから、2003年に上司にモデラーへの異動を申し出ました。それ以来偉人の仕事は2次元デザインからモデル製作に変わりました。仕事で目にした2次元の世界が1つずつ触れるようになり、手触りを持った立体の世界へと変わっていきます。 趣味が仕事に 趣味が仕事になると、仕事中も自然と遊びの要素が入ってくると偉人は言います。しかし「仕事」であるからには、一番大切なのはやはり使命感を持っていいものを仕上げることです。例えば最近クリエイティブセンターとSOFA Studioが共同で作ったアニメ「玉甲」のプロジェクトでは、「白虎」というキャラクターを4D模型にしなければなりませんでした。3Dで製作したアニメを見ると、偉人はどんな材料を使ってどんなサイズでこのかっこいいキャラを作るのか決めなければなりませんでした。偉人は模型の関節が可動であることにこだわるデザイナーなので、構造の複雑な模型の制作には特に神経を使いました。 「動かせる模型は制作時間がかかります。さらに模型の動きを自然な滑らかさにして、全体に影響を与えないようにすることが今回の製作での最大の課題でした。」偉人はでき上がったばかりの「白虎」を『G!VOICE』に見せながら語ってくれました。 他人の目から見れば、長時間1つの空間で模型製作に没頭することはつまらないと感じるかもしれません。しかし偉人のアトリエは次第にガマニアのフィギュアコレクターたちのたまり場になっていきました。手に入れたばかりのおもちゃについて語り合ったり、発売されたフィギュアについて語り合ったり、レアな模型を見せ合ったり……いずれも仕事の息抜きに楽しめることばかりです! 一番大切なのはこだわる気持ち 偉人は言います。「仕事で一番大切なのはこだわる気持ちです。明確な方向性と万全の準備が整ったら、粘り強く、地道に1つずつ仕上げていきます。遊びには明確な方向性というものはなくてもよく、気ままにする方がいいアイデアが浮かんできます。両者の違いは正反対なのです!」 偉人にとって仕事と遊びの関係とは?笑いながら答えてくれました。「私にとって、仕事と遊びは交じり合っているようなものです!両者の関係は時間ごとに入れ替わります。1つのこと(模型の制作)でも昼間は仕事で、夜は楽しい趣味になります。それもいつもの自己管理の方法です。」 ▲偉人のアトリエでは、模型製作に必要な「ツール」が壁や机に所狭しと置かれている。 ▲2Dや3Dのスケッチから4Dの模型をどう作るか、それが偉人の普段の主な仕事。 ▲フィギュアに関心があれば、偉人の個人ブログ :Weylan’s Workshop (www.weylent.blogspot.com)一起交流。

VOL. 35 ガマフィーチャー
2014.08.01

ガマニア人の壮遊と冒険

(画像出典:blog.regalmanners.com)     胸襟を拡げ、その足で邁進し、私たちは壮遊に出かける!   あなたにお金があろうがなかろうが、それぞれの人の一生において、一度は壮遊をする価値があります。パントマイム映画スターのジョン・バリモア(John Barrymore)の話では「人は老いない、それは、後悔が夢に取って代わるまでは。(A man is not old until regrets take the place of dreams.)」と言っています。それぞれの人の心の中でみな夢を持ち、夢ははるか空のかなたまであっても、手を伸ばせば届く、一切がその手で実践できるパワーなのです!なぜなら私たちは、いくつかのことは今しなければ、以後永遠にできないことを知っているからです!     壮遊は胸に抱いた壮志の旅   一体「壮遊」とはなんでしょうか?この名詞は唐代に源を発します。高僧の玄奘が天竺まで経典を求めに行ったのが、古今東西で最も有名な例です。壮遊とは胸に抱いた壮志の旅で、それには三つの特徴があります。旅の時間は「長く」、行程の挑戦性は「高く」、文化社会との相互コミュニケーションが「深い」ことで、特に計画を経て、高度な意志によって徹底的に行われる冒険なのです。   なぜなら壮遊は壮志を抱き、非常に教育的意義があり、それは自然に深く入り込むだけにとどまらず、さらに民間にも深く入っています。壮遊の過程において、自分の身体で世界の大きさと文化の美を体験することこそ、私たちが壮遊の旅へ踏み出す重要な意義なのです!   私たちは他の人より深く歩き、他の人より広く見る! ガマニア人の血液の中には生まれつきの挑戦の要素が入っていて、自転車、水泳、スケート、マラソン、百岳登頂、徒歩旅行……等でも、ガマニア人は数多くの豊富な壮遊の冒険を達成しています。これらの壮遊の運動は全世界のガマニア中で発生しており、そのためガマニア人は他の人より深く歩き、他の人より広く見るのです!今回、編集チームと一緒に全世界のガマニアの壮遊と冒険を体験していきましょう!     台湾壮遊代表 風を切る音を耳で聞く  GTW--賀培軒  Cofe Ho ▲Cofeはコース上で極限スピードの感覚が好き               ▲台湾史上男子の部で初のワールドカップ金メダル     1. あなたはどんな壮遊の経験がありますか?場所と経歴を簡潔に説明してください。 1995年にリレーの方式でインラインスケート台湾一周をして、平地での時速は60~70キロメートルにもなり、3日を費やしました。ガマニアに入る前は中華民国スピードインラインスケートのナショナルチーム代表でした。2007年コロンビア/カリで、台湾史上初の男子の部ワールドカップ金メダルを獲得しました。   過去の大会の成績 大会名称 主辦単位 名次 時間 1999年世界スピードインラインスケートペナントレース チリ /サンティアゴ 青少年の部 第三位 1999.09 2006年アジアスピードインラインスケートペナントレース 台湾 / 高雄 アジアチャンピオン 第一位 2006.09 2007年世界スピードインラインスケートペナントレース コロンビア / 卡利 世界チャンピオン 第一位 2007.08 第一回~第四回全国民スポーツ会 中華民国体育協会 全国チャンピオン 第一位 2000、2002、2004、2006 2. あなたはなぜ壮遊したいのか?   なぜなら私は小さい頃から私が世界チャンピオンを獲れることを知っているから。 なぜなら私は大勢の人の前に立って、注目され勝利の歓喜の声に包まれる感覚が好きだから! なぜなら私は一周200Mのコースで道、一周当たり15秒の極めて速いスピードで、秒数でもってみんなに私が賀培軒だと伝えるのが好きだから。 なぜなら私は後ろの選手が、大きな口をあけてぜいぜい音を立てて呼吸しながら、自分にもっとゆっくりしろと叫んでいるように聞こえて、追いつけない感覚が好きだから。     3. 壮遊において最も忘れられない人、事、物は何か?それはなぜか?   2000年コロンビアのワールドカップで、あの時コロンビアはまさに内戦状態で、当時ワールドカップ開催ということで、コロンビア政府はワールドカップ大会期間は停戦協議をしたのです。当時大会に出た時、私がまだはっきり覚えているのは、すべての選手にボディガード(コロンビアの游撃隊で、完全武装してましたよ!)が付き、私たちはなにかアクシデントが起きるのではとびびっていました。夜も私たちは外を見学できず、路上では戦車が走行していたのですが、これには私も目が点になりました。   大会期間は確かにとても平和でした。なぜならコロンビアはスピードインラインスケートを国家スポーツと見なし、全国でも上から下まで自分の選手を応援していたからです。しかし大会が終わって、私たちがバスに乗ってホテルを離れる時、游撃隊がすぐにすべての交差点で武装して待機していて、戦車も道路にあふれていたのですが、これも私の記憶に非常に深く残っています。     4. 壮遊の目標達成後、あなた人生になにか啓発と変化はあったか?  

ガマフィーチャー
2014.08.01

ガマニア人の極限への挑戦の夢の聖地

▲聖湖 ヤムドゥク(GCN-苑斯達提供)   スポーツを熱愛するガマニア人は、自分の両目で世界の美景を見て、自分の足でこの土地を探索するのが好きです。大自然が創り出した神の造型が数多くの世界の奇景となっているなかで、一体ガマニア人の心の中の夢の聖地はどこにあるのでしょうか?これから一緒に見ていきましょう!     自転車サイクリストの最「高」の目標:武嶺 ▲台湾道路の最高点は、美しい景色を擁している (画像出典:ウィキペディア)   区域:台湾南投県   場所:武嶺   推薦者:SDG--蔡岳峰Steve Tsay   観光スポット紹介: 武嶺は海抜3,275メートルあり、台湾の道路の最高点です。秀麗で壮観な草原と美しい風景は数多くの自転車サイクリストたちを引き付ける要因です。時には雲や霧に包まれ、時には山々に囲まれ、思い切り大地の懐に抱かれることができます。自分の愛車を台湾の最高地点の道路まで連れて行くことは数多くのサイクリストたちの心の中で最もロマンあることなのです!当然武嶺まで登りたければ、それはやすやすとはいかず、きつい坂を上がるには、やはり2本の勇敢な足で上がっていくしかありません! ▲武嶺へ上がるのは実力と、勇敢な2本の足が必要ですよ! (画像出典:ウィキペディア)     靠近天空に最も近い巨木のてっぺんに登る:ベニスギの雨林(Redwood Rainforest) ▲巨木に登るには、何日もの時間がかかる。(画像出典:National Geographic)   区域:米国カリフォルニア州   場所:ベニスギ雨林(Redwood Rainforest)   オフィシャルサイト:http://www.redwoodrainforest.com/   推薦者:GHQ--李宛諭Eva Lee   観光スポット紹介: 数多くの人が小さい頃木に登るっていました。しかし38階の高さの巨木に登るとなると、これは簡単なことではありません。米国カリフォルニア州北部の海岸に、一面のベニスギ雨林がありますが、ここの樹木は最も古い木で樹齢2,500年以上もあり、成熟した森林は五層に分けられ、下から上にそれぞれ「地被層」、「草本層」、「潅木層」、「林下層」および「樹冠層」となっています。樹冠層は森林で最も高い場所で、この層はほとんど横に生長する木の枝で、密生する枝葉が重なり合って鬱蒼とした世界となっています。統計によれば、現在すでに知られている生物の種類のうち、100分の60以上が樹冠上に棲息しています。 ▲樹上にツリーボートを架けるのも木登りする者の重要なテクニック。(画像出典:www.ted.com)   木登りが好きな人は、ここは無論神聖な目標となります。なぜなら高い空中の樹冠層では、立体で多様な半空領域、およびにぎやかな生態体系が体験できるからです。巨木の高度はとても高いため、樹上にツリーボートを架設し夜を明かします。「ナイトクライム」はまた別種の挑戦であり、樹上で漆黒の夜を過ごすのですが、どんな照明ツールも持って行ってはいけないのです。このような状況下で、目はほとんど役に立たず、そのため聴覚、触覚、嗅覚は極限まで刺激され、ムササビが傍から滑空していったことも、木の下でネコ科の動物が落葉をそっと踏んだ音さえ「感じる」ことができ、私たちの身体は原始的本能と大自然とのコミュニケーションの境地に立ち返ることができるのです。     世界最後のパラダイスの秘境:墨脱 ▲(画像出典:www.lvyoo.com)   区域:中国チベット高原東南部   場所:墨脱   推薦者:GCN--王超Chao Wang、GCN--楊吟之Gin Yang   観光スポット紹介: 中国チベット高原の東南に、緑の真珠がはめ込まれたような地─墨脱があります。この約1万平方キロメートルの区域の中に、気象の変化もめまぐるしい中で豊富で多彩な自然資源が残っています。しかも秀麗な景色と、おだやかな気候は、バックパッカーの徒歩旅行の夢の聖地となっています。 ▲さらさらと流れる水、じゅうたんのような緑の草、これが墨脱の真実の姿。(画像出典:バイドゥ)   ヒマラヤ断裂帯と墨脱断裂帯上にあり、地質活動が頻繁で、地震、山崩れ、土石流が絶えず、この地を全中国で唯一道路が通じない場所にしてしまうことも。チベットでは電車を見たことがなく、墨脱では自動車さえも見たことがなく、さらには自転車ですら贅沢で、ただ徒歩の方式でしかこの地に入れないため、当然ながらこの世と隔絶された桃源郷となっています。そして墨脱にはもう一つの美しい名称があり、チベット語で「隠された蓮の花」という意味になっています。 ▲交通が不便なため、墨脱の住民は外界と隔絶された原始的な生活を送っている。(画像出典:travel.21cn.com)     神々の山、シヴァのパラダイス:カンリンポチェ ▲美しいカンリンポチェは数多くの人々が憧れる神が住む地である。 (画像出典:bbs.travel.163.com)   区域:中国チベット自治区的阿里地区   場所:カンリンポチェ   推薦者:GCN--苑斯達Sida Yuan   観光スポット紹介: カンリンポチェは世界が公認する神の山で、チベットの阿里地区にあり、平均海抜は6,638メートル(別説では海抜6,714メートル)もあります。その外観はピラミッドにとても似ており、インド人はこれが世界の中心と考え、またヒンドゥー教の三位主神の中で、法力が最大で、最高の地位であるシヴァがここに住んでいるとされています。そのためここは常にたくさんのインドからの巡礼者が見られます。カンリンポチェは数多くの巡礼者と探険家の夢の聖地でありながら、しかし今に至るまで誰もこの山に登っていないのは、誰もこの神山の聖地を侵そうと思わないからかもしれないのです!  

ガマフィーチャー
2014.07.31

仕事超整理術1:仕事環境整理の達人-子猫

▲GHQ-CRO-Nan Chen(陳盈君)   ウラ技:毎日1つのアイテムを整理すれば、すべてが便利になる おすすめ書籍:人生がときめく片づけの魔法   資料やものが見つからなくてイライラすることがよくありませんか?グループ研究開発担当役員室の事務アシスタントの 子猫(陳盈君)が、仕事場の整理にいくつかの方法とコツを提供してくれました。   子猫のオフィスデスクは温もりのある家のように清潔で、色々なものが揃っています。食べ物・着物・小物といずれも手の届く範囲にあり、必要なものを探さなくてもすぐ取れるよう整理されています。   習慣を養うことはそんなに難しいことではありません。子猫は毎日強制的に1つのアイテムを整理していけば、月日が経った後、アイテムにそれぞれの収納場所ができて、物が見つからないためにイライラすることもないと言います。 ▲子猫のオフィスデスクは温かさ十分で、温もりのある家のようだ。   アイテムを整列   生まれ持った性格は子猫が仕事場を清潔に保っている主な要因です。彼女は様々なアイテムの全てにそれぞれの空間を持たせるのを好みます。そのうえ、空間に空白があってはなりません。彼女はアイテムに対して一種のアイデンティティーを持っており、彼女と同時に存在していなければならないと語っています。 ▲子猫のアイテムはオフィスデスクにそれぞれの空間がある。   一人一人に与えられる空間は大方同じです。如何に小さな空間において毎日に必要なアイテムを詰め込むのか?子猫が1つの法則を提供してくれました。デスクをメインエリアとサブエリアに分け、モニターを中心として、左右それぞれ45°の範囲がメインエリアになります。名前の通り、メインエリアはよく使う空間で、キーボードやマウスのほか、毎日に必要なアイテムを置くことができます。あるいはものを書くスペースとして使います。サブエリアはさらに分類して、同じ性質のアイテムを集中させて、個人の習慣により配置します。 ▲モニターを中心に、左右それぞれ45°の範囲はメインエリアの活動範囲である。   左手で電話を取る習慣がある人は電話をサブエリアの左側に置き、反対の人は右側に置きます。そして、ティッシュやサブアイテムは個人の習慣により配置します。子猫を例にすると、彼女は左手でティッシュを取る習慣があるので、ティッシュを左下に置いています。少し背を屈めればティッシュを取ることができ、空間を十分に利用しています。空間を広げることもでき、ティッシュはスペースを取らないアイテムになっています。また、ペン立てや携帯電話は同じタイプのアイテムとして、子猫はそれらをメインエリアの右側に置いています。     左も右もご自由に   本と資料などは大きなアイテムに属します。右手を使う習慣のある子猫は、それらの物をあまり使用せず、取り難い左側に置いています。その収納法にまた1つの法則が現れました。すなわち、常用のアイテムを右側に、大きなアイテムとあまり使用しないアイテムを左側に置くことです。   強力マグネットと収納ケースは子猫の武器です。飲み物の空箱を使って収納ケースを作り、そして強力マグネットで鉄の壁に固定するやり方がもう1つのスゴ技です。クリップなどの小物を収納箱に入れることができ、鉄の壁に掛けられている手作りの収納ケースは使いたいように小物を入れることができます。強力マグネットによって留められるアイテムは極力鉄の壁に置きます。例えば、メモや小さな買い物袋など、分類をすると頭を上げればすぐに見つけることができます。 ▲強力マグネットをうまく用いれば、ほとんどのアイテムを壁に掛けることができる。   鉄の壁にはもう1つの機能があります。上側の小さな穴はハンガー掛けとして使え、上着やマフラーなど全てを椅子に掛けなくてもいいのです。その方法は椅子をすっきりさせる他、重たく沈んだ感じをなくさせ、仕事のモチベーション維持に役立ちます。 ▲オフィスデスクの外側も利用できる良い空間になる。   忘れっぽい人はラベルシールを貼って注意を促すことができます。例えば、収納箱に「文具小物」と貼れば、その中に置かれているのがクリップやホッチキスなどのアイテムであることが分かります。   「後でまた使うから」という気持ちでアイテムを元の場所に戻さないことは絶対に止めてください。「後でまた使うから」のために取っておくよりわずかな手間をかけてアイテムをきちんと戻した方がいいのです。多くのアイテムは「後でまた使うから」という気持ちの下に置き場所を忘れられて、本当に使おうとするときにいつもより多くの時間をかけて探さなければなりません。   最初は、まず仕事を終えて帰宅する前に全てのアイテムを元の位置に戻す習慣から身につけるといいでしょう。その習慣は一日の仕事にきれいな終え方をもたらすことができ、翌日の出勤も清潔な環境のおかげでいいモチベーションを持つことができます。 ▲オフィス環境をうまく使って盆栽を置けば、毎日の仕事にいいモチベーションをもたらす。     入れたら出すが王道   アイテムは長い時を経るとより増えてきます。半年以内に使うことのないアイテムまたはほとんど使わないアイテムは整理をしなければなりません。必要のある人または資源回収に送ることで、仕事場をすっきりさせることができます。   アイテムが「最長使用期間」の半年を超えたかどうかを判断できない時があります。子猫は2ヶ月ごとに定期整理を行っています。あまり使っていないアイテムを少し遠くに置くことで、半年の大掃除の時に捨てるべきものを簡単に知ることができます。   もう一つの法則は、新しいアイテムが1つ増えたら既存のアイテムを1つ捨てることです。仕事場は資源回収場ではありません。アイテムは質にあって量にはないのです。一旦、ゴチャゴチャと乱雑になれば滞ってしまい、仕事のモチベーションにも影響を与えます。   アイテムを整理整頓することのメリットは仕事を始める時に時間をかけて準備をしなくてもいいところです。朝早くから「資源(=ゴミ)回収」することは一日のモチベーションに影響を与えるかもしれません。美しい一日が飲み残しや要らなくなったメモによって壊されるのは、本当に惜しいことです。 ▲デスクの下もうまく利用できるスペースになる。

ガマフィーチャー
2014.07.31

仕事超整理術2:仕事環境整理の達人-欣蔓

▲GHQ-CSO-Jennyhm Lee(李欣蔓)   ウラ技:使用頻度によって仕分け、不要なものは手にせず、一年を限度にし、ルールを設ける   欣蔓はグループ戦略担当役員室の秘書で、仕事柄いくつかのいい習慣を身につけています。それらのいい習慣は彼女の仕事効率を引き上げ、探す時間をかけなくても、アイテムを必要な時に使えます。短い時間でアイテムを手に取ることは彼女の仕事におけるちょっとしたコツになります。     いい仕事は道具の活用から   仕事が細かく厄介なため、欣蔓はアイテムの位置を覚える必要があります。彼女は使用頻度を整理整頓の基準にしています。よく使用するアイテムはデスクの上に、あまり使用しないものは引き出しの中に置くことが彼女の法則です。引き出しを開ける回数を減らすことは時間の無駄を省き、少しずつ積み重ねていくと時間に十分な余裕が生まれます。   名刺は仕事の必需品です。優れた分け方は仕事場をすっきりさせることができ、仕事がはかどるようになります。欣蔓の名刺に対する処理方程式は2つの基準があります。まずアルファベットを基に並べ、それから国内・海外及び産業別に分けます。こうすれば、必要な名刺を最短時間で見つけることができます。 自分のルールを作る   整理が必要なアイテムは名刺だけではありません。欣蔓は個人個人に自分のルールを定めることを薦めています。そして、そのルールに則って物事を進めれば、秩序のある環境が自然と形作られていきます。欣蔓を例にあげると、秘書の仕事はファイル・会議記録及び資料の使用率が割合と高いため、彼女は資料・会議記録とファイルを前方に置き、すぐに手が届くようにしています。もし請求書などの証書類を使用する頻度が高い人は、証書種類に基づいてトレーを置けば、アイテムが多くても一目で証書の位置を知ることができます。 ルールの確立には少しばかり忍耐が必要です。物を覚えるルールとその実行のように、一定の時間を経て適応したら習慣になります。習慣は歯磨きや洗顔のように自然で、アイテムも自然と元の位置に戻ります。そのような習慣は俗に言う「借りたら返す。そうすれば再び借りるのが簡単になる」で、その効果を知ることができます。全てのアイテムを探さずとも簡単に取ることができ、仕事の多いガマニア人から言えば、わずかな苦労で大きな功を立てたに等しいことです。     好きなればこその功労   清潔な仕事場はいいモチベーションを維持させることができ、思いもつかない効果を得られることもあります。欣蔓は以前、銀行に勤めていました。彼女は出金明細書などの証書をきれいにまとめる習慣がありました。そして、隣の先輩は彼女と異なり、いつも証書を探していました。先輩が証書を探し出す事ができないとき、欣蔓は落ち着いて先輩に証書を渡すことができていました。幾度かそのようなことを経た後、先輩は欣蔓の面倒をよく見てくれるようになり、欣蔓も仕事がやり易くなりました。物を探す時、人はイライラしやすく落ち着かなくなります。先輩の不安を欣蔓が解決することで、いつも先輩に貸しを作ることにもなります。     捨てると残すの加減   多くのアイテムは、残せば無用の長物になり、捨てるには勿体無いものになります。取捨選択について、欣蔓はアイテムを手にしたときから決めなければならないと考えています。彼女のやり方はアイテムを取る前にまず必要があるかどうか?今後も使うかどうか?について冷静に考えます。必要があれば取り、必要がない又はたまに1・2回しか使わないなら捨てるという意思を確立させます。そうすることで、あまり使わないアイテムが大きな空間を占めるということがなくなります。   そのような状況は買い物の際によくあります。お店はあと少し買えば贈呈品が貰えると薦めますが、このとき、まず贈呈品の実用性を考えるべきで、贈呈品を欲張ることはありません。マグカップが1つ増えても使用回数が増えることはなく、反対にスペースを占拠して邪魔になるだけです。     使用期限をいずれも一年とする   身の回りを整理するとき全てのアイテムの使用期限を一年とします。一年以内に3回以上使わなかったアイテムはみな資源回収とすることができます。欣蔓はオフィスデスクに紙箱を1つ置くことを薦めています。あまり使っていないアイテムは紙箱に直接入れ、期限になればすぐに他の人または資源回収に送ることができます。全ての人はアイテムが増えていくことを避けることができません。減量することは最もいい整理の方法で、何もかも収集しないことが最高の知恵になります。   一年を過ぎても整理しなければ乱雑になります。一旦、ゴチャゴチャになれば再度片付けるのは極めて困難なことで、どう手をつければいいのかわからなくなります。ついでに整理するよりも何倍も時間がかかります。欣蔓がガマニア人たちに1つの励ましのやり方を教えてくれました。仕事場を整理することは気分を変えることができ、気持ちを調整することもできます。自分に理由を作ってあげれば清潔な仕事場を得ることができるのに、しない理由はないのでは?     環境をきれいにして、新たに再出発   気分が乗らない時は、身の回りを整理整頓することが一番いい方法で、大掃除はさらに気持ちを適切に調整してくれます。それはレイアウトの変更やアイテムの廃棄を含みます。新しいレイアウトは新たな環境になったようで、よくない記憶と気持ちを完全に調整することができ、新たな再出発でモチベーションがさらに高まります。     潔癖症になる必要はない   多くの人は「潔癖」という言葉を恐れており、身の回りを整理整頓することは人に潔癖の観念を抱かせると思われています。欣蔓は「潔癖症になる必要はありません。しかし、身の回りをすっきり見せなければなりません」と語っています。彼女の長年の経験から、すっきりした環境は仕事効率の向上に役立つそうです。関係ないように見えることでもある面から言えば繋がっており、ちょっとした整理整頓でも仕事や気持ちをうまく運ぶことができるのです。その重要性は言うまでもありません。 ▲欣蔓の仕事場はとても清潔ですっきりしている。  

ガマフィーチャー